記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

西部劇!!!

西部劇の歴史西部劇は映画とともに歴史を歩んできた。そして西部劇はハリウッドが築き上げた独自のジャンルであり、西部開拓の歴史を持つアメリカだからこそ生まれたとも言える。厳しい自然の中で多くの困難と闘いながら逞しく生きてきた開拓者の物語はアメリカ人の誇りとするものであり、フロンティア精神と夢を含み、アメリカンドリームそのものであった。ハリウッド西部を舞台とする発想は映画史のごく初期から存在しており、18...

続きを読む

火花

みんなの映画レビューよかった!試写会で見て来ました!演技も上手で感動しました✨菅田将暉、桐谷健太のお笑いに対する嗅覚はたしかに抜群だと思う。ただ...菅田将暉、桐谷健太のお笑いに対する嗅覚はたしかに抜群だと思う。ただ、この作品は、無理に芸人に撮らせない方が良かったんじゃないかなと思った。根底に流れる「お笑い芸人にしか分からない共通言語」があるにしろ、板尾創路監督にしたのはミスではないかと。ハードル上げ...

続きを読む

ローガン・ラッキー

Matt「ローガン・ラッキー」でダニエル・クレイグのイメージが変わった! スティーブン・ソダーバーグ監督が“引退宣言”を撤回して、4年ぶりにメガホンをとった「ローガン・ラッキー」の公開直前イベントが11月12日に都内で行われ、元プロ野球選手の桑田真澄氏を父にもつタレントのMatt、美容家のIKKOのモノマネで知られるお笑いコンビ「チョコレートプラネット」の松尾駿が登場。松尾の相方、長田庄平がイベントMCを務めた。不運...

続きを読む

エマ・ワトソンの全て!仕事から恋愛まで、16のキーワードでひも解く。【最終章】

14.ベルはYES! でシンデレラはNO!?エマ・ワトソンは本が好きで好奇心旺盛なベルと通じるものがあったといい、役のオファーを引き受けたことは当然のことだったようです。 実はベル役の前にリリー・ジェームスが演じた『シンデレラ』のシンデレラ役のオファーが彼女の元に届いていたのだとか。 しかしながら、典型的なプリンセスのシンデレラには共感できる部分がないと感じたエマはこのオファーを断っていました。15.トム・ハンク...

続きを読む

エマ・ワトソンの全て!仕事から恋愛まで、16のキーワードでひも解く。 【4】

9.「フェミニスト」としての顔。2016年、フェミニストとしての活動と読書のために女優業を一年間休業すると発表したエマワトソン。これまでも、国連のUNウィメン親善大使に任命されるなど、精力的に女性の権利の主張を行ってきたエマは、バングラデシュなどの途上国を訪れ、男女平等を訴えています。 2016年、そういった活動と自己成長のため読書を通じて多くの知識を身に着けたいという思いがあるようです。海外からはエマのそう...

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。