記事一覧

チアーズ




ストーリー

ここ数年ランチョ・カルネ高校のチアリーディング・チーム「トロス」は全国大会で優勝していた。そのチームの新キャプテンに抜擢されたトアは、今年も優勝をと張り切る。チームの一員が練習中に怪我をしたため、新メンバーのためにオーディションを行う。


なかなかいい人材が現れなかったが、転校生ミッシーが器械体操の技を披露してメンバーに迎え入れられることとなる。しかし、ミッシーはトロスの演技が盗作なのではないかと指摘。トアはショックを受けるが、前キャプテンが貧しい地域にある高校の演技を毎回盗んでいたことがわかる。


トアはなんとか大会までにオリジナルの演技を完成させようとする。




サウンドトラックを聴いてみてね🙋


映画レビュー

 最初から、最後まで、ノリノリ♪(・▽・)


楽しみにしていた「チア☆ダン」が、
あまりにも、つまらなかったので
口直しに、本作を、再鑑♪(*^_^*)

本作の主人公は、チア・リーディング部の高校生
トーランス(キルステン・ダンスト)
物語は、彼女が、念願のキャプテンに、選ばれる所から、始まる

張り切るトーランスだったが
ある日、今までの自分たちの演技(振り付け)が
全て、他チームの「パクリ」だったという事を知り…
と、まぁ、こんな展開

終盤の「ダンス・シーン」しか
見せ場がなかった「チア☆ダン」に比べ
本作は、冒頭から、エンディングまで
見所が、目白押し!(*^_^*)

よって、以下からは、面白かったシーンを
順に、羅列していく事に…
「ラストの顛末」についても、触れていますので
知りたくない方は、ご遠慮を!<(_ _)>

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■オープニングの「チア・リーディング」
ここは、正に、「掴みはOK」という感じ♪(・▽・)
※但し、「吹替え」は、歌詞が、ダサいので、
チアシーンは、全て、「字幕」で、観るべし!

■メンバー募集の「オーデション」
意地悪な部員=コートニーの注文を
楽々、クリアするミッシーが、カッコええ♪
でも、実際の演技は、スタントマンなのかしらね?(@_@)

■ライバル校の「黒人チーム」
登場シーンも、良かったけれど
彼らが、スタンドに、やってくるシーンも、面白い♪

ちなみに、この時のメンバーの1人が
誰かに、似てるなぁと思ったら、浅野温子さんだ!(笑)
何気に、キャラも、カブっていた様な…(@_@)

この後、トーランスの「問いかけ」に、
メンバーでもないのに、手を上げる、観客たちも、笑える
あれじゃ、変えざるを得ないよね。(^_^.)

あと、「地方予選」で、コートニーに、喧嘩を売っていた
小さな「チア・ガール」も、可愛かった~♪
でも、彼女は、何で、あんなに、怒ってたんだろ?(^_^.)

ラストの「チア・リーディング」も、文句なし!
初見時は、結果に、対しては、ちょっと、違和感あったけれど
改めて見ると、やっぱり、あの結果で、正解だわ

「パクリ」で、得た「優勝」より
「オリジナル」で、得た「2位」の方が、遥かに、尊いしね

上映時間が、100分と短いのも、好印象♪
やっぱり、映画は、この位に収まっているのが、一番!
エンディングも、楽しいので
未見の方は、ぜひ、一度、ご覧になってみてください

(余談)
同系映画の「ピッチ・パーフェクト」も、お薦め♪
こちらは、「チア・ダンス」ではなく、「アカペラ」ですが
本作に、負けず、劣らずの「快作」です
レビューも、投稿済みなので、宜しければ、参考にしてください。
役立ち順に並べ替えると、1ページ目に、出てきます。(・▽・)ノ




キャスト・スタッフ

監督ペイトン・リード

製作総指揮アーミアン・バーンスタインパディ・カレンケイトリン・スキャンロンマックス・ウォン
原作―

脚本ジェシカ・ベンディンガー


音楽クリストフ・ベック




キルスティン・ダンスト





エリザ・ドゥシュク





ジェシー・ブラッドフォード





ガブリエル・ユニオン





クレア・クレイマー


この天気を吹き飛ばそう🌠

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント