記事一覧

広瀬すずのおすすめ映画2作品




レオン (映画)

『レオン』(仏題:Léon、米題:The Professional)とは、1994年製作のフランス・アメリカ合作映画。リュック・ベッソン監督によるアクション映画。日本公開時のコピーは「凶暴な純愛」。



ストーリー

以下は「完全版」のストーリー内容である。

ニューヨークで孤独に生きるイタリア系移民のレオンは、プロの殺し屋として、表の顔はイタリアレストランの経営者で、イタリア系マフィアのボスであるトニーを介した依頼を完璧に遂行する日々を送っていた。



ある日、「仕事」帰りのレオンはアパートの隣室に住む少女マチルダと、彼女の顔に父親からの暴力の痕があることをきっかけに知り合う。


マチルダは実の父親であるジョセフだけではなく、義姉のジョアンからも虐待を受けており、義母のマージからはまるで関心を向けられず、幼い弟マイケルにしか心を開けない、閉塞感に満ちたまま日常を送っていた。父親に殴られて鼻血を出しているマチルダにレオンがハンカチを差し出す。「大人になっても人生はつらいの?」と尋ねるマチルダに「つらいさ」と答える。



その翌日、ジョセフが麻薬密売組織の「商品」を横領したことを見抜いたスタンスフィールドとその一味がアパートに乱入し、スタンスフィールドはマージやジョアンを容赦なく射殺。




スタンスフィールドは薬の在り処を問い詰めるが、ジョセフが一瞬の隙を見て銃を取ったことから銃撃戦となり、手下の一人が撃ったマシンガンの銃弾がアパート内を乱れ飛ぶことになる。現場は蜂の巣になり、撃たれたことに激昂したスタンスフィールドがジョセフにシリンダーの弾を全部撃ち込んでいる頃には、すでに4歳のマイケルは流れ弾を浴びて死亡していた。レオンのためにいつもの2パックの牛乳を買いにでかけ、運良く難を逃れていたマチルダは、帰ってきた頃には家族全員を皆殺しにされていた事を知る。


マチルダはとっさに隣室のレオンに助けを求め、レオンはしばし逡巡した後に彼女を保護する。



巧みな駆け引きを駆使し、弟の復讐のため殺しの技術を学ぼうとするマチルダは「ボニーとクライドや、テルマとルイーズのみたいにコンビを組もう」というが、レオンは殺しの腕は一流ながら学がない。「根が地面についてないということが自分と同じだ」という理由で、鉢植えの観葉植物だけが友達のレオン。


奇妙な同居生活を始めた二人は、やがて互いに心の安らぎを見出すようになり、複雑な感情と信頼を抱いていく。



ある時、マチルダはスタンスフィールドが麻薬取締局の捜査官であることを突き止める。密売組織の背後には、スタンスフィールドを始め、麻薬取締局が絡んでいたのだ。ピザの宅配を装い麻薬取締局に侵入するも、スタンスフィールドに早々に察知され逆に捕まってしまうマチルダ。


奇しくも、レオンもマチルダのために、マチルダの一家の殺害に関与した麻薬取締局の捜査官への復讐を始めていた。1人を始末して帰宅したところ、マチルダの置手紙により、マチルダが麻薬取締局にスタンスフィールドを殺害しに行ったことを知る。レオンは早速麻薬取締局へ乗り込み、拘束されていたマチルダを取り返し、一味の内2人を殺害する。




一方スタンスフィールドは、トニー配下の殺し屋が仲間の捜査官を殺害しているのだと目星をつけ、トニーを詰問しに出向く。実はスタンスフィールドこそが、今までトニーを仲介役にレオンに殺しを依頼してきた元締めであった。



全てはレオンの仕業であると確信したスタンスフィールドは、次の日の朝、警察の全部隊を動員してレオンの住むアパートを包囲、突入させた。



レオンは激しく抵抗し、その戦いの中マチルダを脱出させることに成功する。マチルダとはトニーの店で落ち合うことにし、レオン自身は負傷した突入部隊員に扮し脱出を試みるもスタンスフィールドに見破られ、あと一歩のところで射たれてしまう。だが虫の息の中、身に着けていた手榴弾のピンを抜き、スタンスフィールドを道連れにレオンは爆死する。


一人残されたマチルダは、トニーに殺し屋の修行をさせて欲しいと頼むが、断られる。レオンの遺産はレオンの意志により、トニーが管理して少しずつマチルダに渡されることになる。



マチルダは学校の寄宿舎に戻り、レオンの形見となった観葉植物を学校の庭に植えるのだった。


映画レビュー

名作

良い映画は何回見ても素晴らしい。
俳優陣もほんとに素晴らしい。
初めて見た時は、マチルダに恋したなぁ。
このエンディングでスティングを好きになったなぁ。
とにかく、見てない人には必ず見てほしい映画です。


222-14

おっさんと少女、二人の良い掛け合いがある作品って最高ですね。ジャン・レノ渋いしナタリーポートマン本当に可愛いし。名作って言われ続けているのには理由があるんだなぁ。素晴らしい。純愛です。そしてゲイリーオールドマン若い。

(映像4 脚本5 演出5 音楽5 配役5)×4=96点





サニー 永遠の仲間たち



解説

1970~80年代の洋楽ヒットナンバーの数々で彩られ、2011年韓国で740万人を動員したドラマ。



夫や娘にも恵まれ、何不自由ない生活を送っていた42歳のナミは、ある日、母の入院先で高校時代の友人チュナと再会する。



25年前の高校生時代、ナミやチュナら7人の仲良しグループはずっと一緒にいると約束しあったが、ある事件がきっかけで離れ離れになってしまっていた。病気に苦しみ、最後にみんなに会いたいというチュナのため、ナミは当時の仲間を集めようと決意。各地に散った仲間を訪ねる旅の過程で、再び人生に輝きを取り戻していく。監督は「過速スキャンダル」のカン・ヒョンチョル。




映画レビュー

会いたい友達がいるって幸せなこと

25年ぶりに再会した学生時代の友達
懐かしかったあの頃が蘇る

男友達同士の青春ものはよくあっても、女学生ものはなかなか少ない
その中でもこの映画は共感できるところがたくさん会って、最後は号泣だった

古い友達って、会った瞬間にその頃の関係に戻れるのがすごくいいなと思うし、この映画にはその古良い関係がでててすごく良かった

それに、久しぶりに会いたいなと思える友達がいるって幸せなことだなと思った



●サニー!

こういう甘酸っぱいの得意だよなぁ韓国映画は。大好きだ。
そして、喜怒哀楽が剥き出しなのも、大好きだ。生きてるって感じ。
さらに。
いつもは男の友情に泣かされるけど、今回は女性軍団てのがまたいい。
美人薄命。恋せよ乙女!

学生時代と現在が錯綜。
たまに学生時代ばりに暴れたり。

リーダーは最後までリーダーらしく。
あんな金の使い方もあるんだなぁ。なんとも清々しい。
頭の中で、曲が鳴り止まらんわ。

唯一、元サニーのサンミが救われなかったのが残念。
でも、ほかはパーフェクト!


両作品とも心に残る感じですね。すずちゃんの気持ちに近づくかもね❤









スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント