記事一覧

フェリシーと夢のトゥシューズ




ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

19世紀末のフランス。ブルターニュ地方の施設ではバレリーナを夢見る少女フェリシー(声:エル・ファニング)が軽やかに踊っていた。いつかはパリ・オペラ座の舞台に立つという大きな夢があるものの、施設で暮らす彼女にとってそれは遠い存在だった。ある日、同じ孤児院の親友であり、偉大な発明家を志すヴィクター(声:デイン・デハーン)に誘われたフェリシーは、エッフェル塔が建設中のパリを目指して施設を抜け出す。


やっとの思いでパリに辿り着いたフェリシーだったが、突然ヴィクターとはぐれてしまい、右も左もわからず不安を抱えるフェリシーは、奇跡的に見つけたオペラ座で美しく踊るエトワールの姿を目にする。その美しさに魅了され、夢への期待をさらに膨らませている最中、元バレリーナで今はオペラ座の掃除係オデット(声:カーリー・レイ・ジェプセン)と出会う。

今から、動画はこれにしない🌠






オデットは、冷酷な性格の持ち主であるル・オー夫人の家でも住み込みで掃除係として働いていた。その仕事を手伝うことになったフェリシーは、ル・オー夫人の娘でバレエにストイックな情熱を捧げるカミーユと言い合いになり、母親との思い出だった宝物のオルゴールを壊されてしまう。やり場のない怒りとバレリーナへの憧れが募るなか、ル・オー夫人宛てに届いた招待状を受け取ったフェリシーは、カミーユになりすましオペラ座に入学することを思い付く。



フェリシーは世界的に有名なメラントゥ先生のクラスに入れたものの、踊りが好きなだけでバレエは初心者同然。しかもこのクラスには“一日一人、脱落させる”という厳しいルールがあった。だがクラスでトップになれば、エトワールのロジータと共にオペラ座の舞台に立つことができる。しかしそう簡単に事が運ぶはずもなく、そこで手を差し伸べたのはオデットだった。元バレリーナによる猛特訓の日々が始まった。そんなある日、ル・オー夫人とカミーユが怒鳴り込んでくる。


身分を偽っていることがバレてしまったのだ。オペラ座からの退団を突きつけられたフェリシーだったが、彼女の努力を評価するメラントゥ先生の提案で、カミーユとの対決に勝つことができれば最悪の事態を免れることになった。この大きな試練を前に、フェリシーは夢を掴みとれるのか……。



土屋太鳳、憧れの黒木瞳との対面に感激!「ステキすぎて胸がいっぱい」





バレリーナを夢見る少女の成長を描くアニメーション映画『フェリシーと夢のトウシューズ』の初日舞台挨拶が8月12日に新宿ピカデリーで開催され、日本語吹替版の声優を務める土屋太鳳と黒木瞳が登壇。憧れの黒木との対面に、土屋が「ステキすぎて胸がいっぱい」と喜びをあふれさせた。



土屋が、バレエの情熱と勇気だけは誰にも負けない、踊ることが大好きな主人公・フェリシーを演じた本作。黒木はフェリシーにバレエを教えることになる、元バレリーナ役を演じ、“師弟”として声の共演を果たした。



アフレコは別収録となったそうで、この日が初対面となった2人。フェリシーの赤いトウシューズをイメージして、真っ赤なドレス姿で登場した土屋は「本当にお会いするのがうれしくて」とはにかみ、「初めてご一緒させていただいて、ステキすぎて胸がいっぱいです」と素直な胸の内を語った。



劇中でフェリシーを鍛えぬく役柄を演じただけあって、黒木は「初めてお会いした気がまったくしない。とても親近感がある」とニッコリ。土屋もうれしそうな笑顔を見せ、「憧れの方だったのでちょっと緊張していたんですが、さきほど『キラキラと楽しもうね』と言ってくださって。すごく心が明るくなりました」と黒木の言葉に励まされたことを明かしていた。



“夢を叶えること”がテーマとなる本作。司会からは「今、叶えたい夢は?」と聞かれる一幕もあったが、「初めて黒木瞳さんとご一緒して、すごくステキだなと胸がいっぱい」と再び感激の気持ちを吐露した土屋。「(ジャパンプレミアでは)夏木マリさんにもお会いして、すごくかっこいいなと思った。女性としても女優としても、夏木マリさんや黒木瞳さんのようにステキな大人になりたいと感じました」と瞳を輝かせると、黒木も「私たちもますます頑張らなきゃ」と大いに刺激を受けた様子だった。【取材・文/成田おり枝】


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント