記事一覧

恋人たちの食卓



恋人たちの食卓

『恋人たちの食卓』(原題: 飲食男女、英題:Eat Drink Man Woman)は1994年制作の台湾映画。



ストーリー編集

台北の一流ホテルの料理長の初老の父親のもとに、娘3人は毎週日曜の夜に集まることにしていた。週に1度の家族4人がそろっての晩餐だが、それぞれに人生の悩みを抱える娘たちは、父親の料理を前にしても気が晴れることはなかった。そんな不協和音にいらだつ父親も、老いていく自分の変化に気づかざるをえなかった。


ロケ地編集

圓山大飯店 - 父親が勤めるレストラン。


紫藤廬 - 二女が同僚と会った茶館。一家の自宅があるという設定の台湾師範大学近くの和平東路沿いに実際にある茶芸館で、現在も喫茶店・ギャラリーとして営業している。

台北植物園 - 父親がジョギングするコース。



映画レビュー

飲んで、食べて、恋をして。

一流の廚師(シェフ)である父とその三姉妹。毎週日曜日夕食を囲む、という約束事があり。
その夕食の席の都度、誰かが何かしらを告白し、物語が転がっていく。

過去の傷から抜け出せない、化学教師の長女。仕事に恋に、キャリアを重ねる次女。ウェンディーズでバイトする、女子大生の三女。
三姉妹がそれぞれに愛らしく、話が進むにつれ活きてくる、その設定が素晴らしい。

人間の根源的な欲求たる食事、そして、恋を、軽やかに描いた極上のエンターテイメント。
'そうきたかー⁉︎'、と何度も膝を打ちました。
(昔観た筈なのに…)

見終えたら、恋したくなるし、何より、中華が食べたくなります。繰り出される料理の数々、刺激されること請け合いです。


見た後に、中華が食べたくなるみたいですね。今日は、中華かな?



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント