記事一覧

サウスポー



『サウスポー』(Southpaw)は、2015年にアメリカ合衆国で製作されたスポーツドラマ映画。監督をアントワーン・フークアが、脚本をカート・サッター(英語版)が務めた。出演はジェイク・ギレンホール、フォレスト・ウィテカー、レイチェル・マクアダムス。


映画、アニメetc.を見るならここ





ストーリー

無敗の世界ライトヘビー級王者、ビリー・“ザ・グレート”・ホープ。彼は壮絶な打ち合いの末に勝利する、その捨て身のファイトスタイルで絶大な人気を誇っており、愛する妻と娘にも恵まれ幸せな日々を過ごしていた。


そんなある日、チャリティ・パーティの席でライバル選手からの挑発を受けたビリーは、短気な性格が災いして大乱闘を引き起こしてしまう。そしてその最中、相手の兄弟が発砲した流れ弾がビリーの妻に命中。


彼女は帰らぬ人となってしまう。この事件が原因でボクシングに身が入らなくなったビリーは無残に敗れ続け、しまいには自暴自棄になり自殺未遂まで引き起こしてしまう。これにより、プロモーターから一年間の謹慎を命じられたビリーは、ついに最愛の娘とも引き離されてしまうのだった。



全てを失ったビリー。彼は人生の再起をかけ、過去に自信を苦しめた対戦相手のトレーナー、ティックのもとを訪れる。ところがティックはビリーのファイティングスタイルを全否定し、彼に辛辣な言葉を浴びせるのだった。


これに当初は反発していたビリーだったが、自分を変えたいと願う一心からティックに教えを乞う。ビリーはティックのもとでボクシングの基礎を一から学び直すのだった。その姿を見た周囲からビリーに対して容赦ない罵倒が降り注ぐ。それでもビリーはトレーニングを続け、ついにリングへ再び立つのだった。


どことなく、今公開中の映画に少し似てますね!(^^)!


みんなのレビュー

ありがちだけど

よかった!!!
ボクシング興味ないけど
ハラハラドキドキして見てた。

愛は力になる。



感動

素晴らしい愛の物語だった。

もっといろんなディープな部分を掘り下げていくのかと思ったけど、そこまで落とさず、単純シンプルに妻と子供への愛の物語。

ボクシング好きだから、試合のシーンも面白く見れた。
ジェイクのワークアウトに拍手。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント