記事一覧

ソウル・サーファー



13歳のときに鮫に襲われて片腕を失いながらも、サーファーを目指したベサニー・ハミルトンの実話を描いている。ベサニー役アナソフィア・ロブの鮫に襲われた後の左腕はCG処理で消して描いている。またサーフィンの場面ではベサニー自身がスタントを務めている。



ストーリー

ベサニー・ハミルトンは、生まれ育ったハワイで、サーファーである両親と2人の兄に囲まれ、幼い時からサーフィンに明け暮れる生活を送っている。コンテストで優勝した彼女は、幼なじみの親友でライバルでもあるアラナとともに、リップカール(英語版)がスポンサーにつくほど、プロサーファーとしての将来を嘱望されていた。そんなある日、アラナとその父ホルトや兄バイロンとサーフィンを楽しんでいたベサニーは、鮫に左腕を食いちぎられる大怪我を負う。九死に一生を得た彼女は退院するとすぐにサーフィンを再開し、コンテストに出場するまでに回復する。ところが、ライバルのマリーナらに惨敗したベサニーはショックからサーフィンをやめると言い出す。



失意のベサニーは、かねてより気にかけていたタイの大津波による被災地でのボランティアに加わる。そこでの経験をきっかけに、ベサニーは、勝負にこだわるのではなく、自分が頑張っている姿を見せることで多くの人たちに勇気と希望を与えていることを知る。こうして気持ちを新たにサーフィンを再開したベサニーは厳しいトレーニングを重ね、再びコンテストに挑戦する。結果は5位に終わったものの、満足の行くサーフィンが出来たベサニーは押し寄せるマスコミを前に堂々とインタビューに答える。



その後、プロサーファーとなったベサニーは、サーファーとして活躍するだけでなく、様々なメディアに登場し、世界中に勇気と希望を与え続けている。



ソウルサーファー名言集

今では、水着すら1人で着られない。でも1番の恐怖は、サーフィンとの別れだった。

By ソウルサーファー

サーフィンとの別れ・・・。自由との別れ・・・。何かに縛られて生き続けることは人生との別れ。それが1番怖い。





海がわが家。この血管には海水が流れている。いつも海水で濡れているあたしたちをママは「人魚」と呼んだ。初めて波に乗れた日、少しも迷う事なくプロになりたいと思った。サーフィンはあたしの天職!

By ソウルサーファー

迷う事なく進む人だけが夢を叶える。目的地が分かっているから全力を出し切る。





近すぎると見えなくなる。行き詰まったら、ものの見方を変える事よ。

By ソウルサーファー

視野は広い方がいい。だからいろんなことに挑戦してみる。やりたいことは全部やる。世界を広げていこう。





過去は変えないわ。この貴重なチャンスを逃したくないの。今は両手で抱きしめるより、多くの人を励ませるのよ。

By ソウルサーファー

過去を振り返らないと自分に誓う。今、この瞬間にあるものに目を向けることができるからチャンスをつかむことができる。今、この瞬間が大切。サーフィンと一緒。





人生はサーフィンに似ている波に飲み込まれたらまた次の波に乗ればいい

By ソウルサーファー

波に飲み込まれることを恐れて躊躇しているうちに人生は終わる(笑)。まずGo for it!!失敗を恐れて踏み出さない事こそ1番の失敗だ。

共感するところがあるのではないでしょうか?

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント