記事一覧

スクール・オブ・ロック





『スクール・オブ・ロック』(School of Rock)は、2003年のアメリカ映画。リチャード・リンクレイター監督のコメディ。



ネッド役のマイク・ホワイトはジャック・ブラックの友人であり、彼のためにこの脚本を書いた。バンドメンバーの子供たちは本当のミュージシャンなので実際に演奏している。




あらすじ

ギタリストのデューイはロックを全身全霊で愛する男だったが、その熱すぎる情熱と勝手なパフォーマンスが原因でバンドをクビになってしまう。家に戻れば、同居している友人ネッドとそのガールフレンドから家賃を払うように言われ、進退窮まってしまう。そんな時、ネッドあてに私立学校の臨時教師の話が舞い込み、仕事が欲しかったデューイはネッドになりすまして名門ホレス・グリーン学院へと向かう。

もともと仕事などする気のない彼だったが、厳格な規律の多い学校で過ごす子供たちが無気力な事に気がつき、さらに担任したクラスの子供たちに音楽の才能があることも見つけ、子供たちとバンドを組んでバンドバトルに出場することを思いつく。

そして、授業と称して子供たちにロックのあらゆることを教え始める。最初は困惑していた子供たちだったが、やがてデューイの陽気な人柄やロックの開放感、ありのままの自分を認めてくれるデューイに魅力を感じはじめ、一緒にバンドバトルを目指して猛練習を始める。


これで、もっとハッピーを探そう☺☺☺






みんなのレビュー



ラストのステージ・シーンが暖かくて心地よくて本当に感動的だった。
照明や舞台装置に臨場感があって、曲も良かったね~!
父兄の観客もいいし!(笑)

主人公の言う無茶苦茶なことを素直に聞く子供たちがかわいいのです!
歌ったり踊ったりコーラスしてるとこもかわいい。




青春ものや音楽ものの映画は、
内輪もめとか意見の食い違いとかで、
物語の進行がだらだらと中だるみがすごいのが多いですが、

この作品は違った!
早い展開に、ドキドキするやりとり、
音楽に青春。

映画のいいところが惜しみなく全て詰まってる。

文句なしの名作です。

ハッピーな気分になれます。




オレ達の成績はオール5だった

でも鈍く目がくらんでいたんだ

嘘を覚えるのはほどほどにしろよ

催眠術にかけられていたように感じるそんな時に魔法の男が町にやって来た

彼はオレの頭をくるくる回して言ったんだ

「休憩は開催中だ2+2は5だ」と

そしてオレは生きている感じがしたんだ

※もし教師のペットになりたいのならただ忘れてくれよ

ロックに理由はなくなり韻もなくなる

時間通りに学校に行ったほうがいいぜ

名誉ある役割についていた

いい成績を取り 魂を得ることはなかった

自分の心に言い聞かせる前に手を上げた

何回も舌をかんだ

そしてあの魔法の男が従うように言ったの

「魔法の男が言う事ではなく魔法の男がやる事をやれ」と

クラスのみんな ちょっと注目してくれ今日の宿題です


「ケツを蹴飛ばせ!」


※くり返し

これがオレの最後の試験だ

みんなはもうオレが誰だか知っている

オレはみんなの完璧ではなかったかもしれないけどオレが終わる頃には みんなロックしているさ



ハッピーになりましょう😁
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント