記事一覧

おおかみこどもの雨と雪





『おおかみこどもの雨と雪』(おおかみこどものあめとゆき)は、スタジオ地図制作の日本のアニメーション映画。



ストーリー

物語は、娘の雪が、母である花の半生を語る形で綴られる。

女子大生の花は、教室で、ある男と出会い恋に落ちる。彼は自分がニホンオオカミの末裔「おおかみおとこ」であることを告白するが、花はそれを受け入れ2人の子供を産む。産まれた娘の「雪」と息子の「雨」は人間でありながらも、おおかみに変身できる「おおかみこども」であった。しかし雨の出産直後、「おおかみおとこ」は事故で亡くなってしまう。花は独力で「おおかみこども」の育児に挑むが、都会では迷惑がかかり過ぎるため、都会での育児を断念して人里はなれた古民家に移住する。




当初、蛇や猪をも恐れず活発でおおかみに近い性格の雪に対し、弟の雨は内気で逃避的であり、人間に近かったが、川で溺れてから雨は変わり始める。雪が小学校にあがって友達が出来ると、自分が野獣的なことを意識して葛藤を感じ、人間の女の子として振る舞おうとするようになる。一方で雨は小学校に馴染めず、学校を抜け出したり休みがちになり、山に魅かれるようになっていく。




ある日、雪のクラスに草平という転校生がやってくる。雪は草平にいきなり「獣臭い」と言われて動揺し、正体の発覚を恐れて彼を避けるが、どうして自分が避けられるのか理解できない草平に執拗に追いかけられて、パニックでおおかみとなり彼の耳を傷つけてしまう。負傷した草平は、雪が自分の母親やクラスメイトに責められるのを見て、おおかみがやったことだと取り繕った。しかし、その件で友人以外のクラスメイトから疎外され、精神的ショックで学校を欠席する雪を草平は見舞い、それをきっかけに距離の近い関係となる。雪がショックから立ち直った頃、雨は山を統治する一匹の狐を「先生」と呼んで、彼から山で生きる術を学び始める。




ある夜、自分はおおかみであるという雨と、人間だからもうおおかみにならないと言い放った雪は、お互いの生き方を否定しあい口論となり、白熱しすぎて雪が雨を張ったことがきっかけで、取っ組み合いの大喧嘩になり、双方とも傷だらけになってしまう。その結果、姉の雪が弟の雨に負けて泣かされることになる。花はすぐに二人の喧嘩を止めさせようとしたが、それが一件で、雪と雨の関係は一気に険悪になってしまう。




雪と雨の関係はあまり修復されずに月日が経った、ある大雨の日、雨は「先生」がもうすぐ死ぬことを受けて、おおかみとして先生の後釜になり森を守っていくを決意し、家を去ることを決行する。しかし、花は「まだ小さい雨を見捨てることなんて出来ない」と雨を止めようとし、雨を追って長い時間に山に入り、豪雨の中で探し続けるが谷に滑落してしまう。ちょうどその頃、親が迎えに来なかった雪と草平は学校で二人きりで夜を過ごしていた。教室で雪は草平に自分が「おおかみこども」で、草平に怪我をさせたのは自分だったことを告白し、おおかみの姿に変身してみせる。草平は驚く様子も見せず、雪が「おおかみこども」であることを本当は知っていたことを打ち明け、これからも誰にも言わないことを約束する。




明け方、雨に運ばれ山の駐車場で意識を取り戻した花は、山へ戻ろうとするおおかみ姿の雨を呼び止める。花は、雨がおおかみとして生きていく事への不安から、家に戻ってきて欲しいと泣きながら懇願するも、雨は制止を振り切るように山奥に消える。花はその場で泣き崩れるが、山の崖から雨の上げる大きく力強い雄叫びに心をうたれ、不安を払拭し、雨に向けて「しっかり生きてこい」と励ます。




雪と雨は結局、最後まで和解が出来なかったが、花はそれでも二人が成長したと誇らしげに思った。中学校にあがった雪は花の勧めで寮に入ることになり、草平や友人達と共に、人間として自分を過ごしながら、学校生活を送っていた。雨はおおかみとして山を支配していた。




子供が離れ、ひとりになった花は山奥の家でひっそりと暮らしていた。花が「おおかみおとこ」の遺影に、彼の大好物だった焼き鳥をそえると、どこか遠くから雨であろうおおかみの立派な遠吠えが聴こえてきた。それに耳をすませながら、花は柔らかく微笑むのだった。


アニメ見るなら💡





作風





花とおおかみおとこが出会った大学のモデルとなった一橋大学附属図書館





モデルとなった家(富山県上市町にあり、基本的に日中は見学可能)



細田が本作について、取り組みの動機のひとつが自分の周囲の人間が子育てを始めたことであり、「親になった彼らが輝いて見えた」からであるとのべている。



2013年の2月の「アニメ!アニメ!」のインタビューにおいて、細田は、子育てものであるにもかかわらず、「おおかみこども」という設定にした理由について、「子供が育っていったり子供を育てることは世間一般に当たり前のことと思われている。しかし当人たちにとっては全然当たり前ではない。その感覚を観客が共有するためには、誰もしていない経験(狼男の子どもを育てること)をみんなで共有すればいいと考えたからだ」と述べている。



『ファミ通.com』のインタビューの中で、細田は「人が子供をつくるのは、当たり前のことと簡単に思ってきた。しかし結婚してからは、都会で子供を育てるのは公的な支援など環境面で苦労があり、だからと言って田舎暮らしで楽ということもなく同世代がいないという苦労があることに気づかされるようになった。そのがんばりを映画にしたかったのだ」と述べている。(ヒトの)子育ては全くの孤立無援では成り立たず、今回オオカミという素材を選んだ理由は、「オオカミはとても家族的であって、リーダーがいて群れを統率し、全体のことを考えながら生きている律儀な動物だから」と答えている。




物語序盤の舞台である「東京のはずれにある国立大学」は、東京都国立市の一橋大学がモデルとなっている。また、移住先の田舎は富山県の里山をモデルとしている。本作の背景には細田の出身地である富山県上市町と隣の立山町の景観が描かれており、上市町の伊藤尚志町長からも「町をモデルにした映画を」と、監督に打診があったことが明かされている。




花の家のモデルとなった古民家は富山県新川郡上市町に居住していた山崎正男の所有する個人宅である。映画が公開される5年前の2007年に山崎正男が亡くなり、取り壊しが検討されていたが、花の住む家のモデルとして採用され、その後に映画が大ヒットしたことから、公開後に持ち主(山崎正男の親族)と有志により公開されている(2015年現在)。



雨と雪が通った小学校は滑川市立田中小学校がモデルとなっている(現在は体育館のみ現存)。作中に出てくるタレを後付する焼き鳥は、監督の妻の実家がある長野県上田市の郷土料理、おいだれ焼き鳥である。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント