記事一覧

映画うなぎ




映画については、アメブロで見てねぇ👍ここでは、うなぎの栄養について書いてみました⭐


うなぎはビタミン類が豊富

ビタミンA

うなぎはビタミンAが特に豊富。
ビタミンAを含む食品のなかでもトップクラス。

うなぎの蒲焼半分(50g)で、成人男性が1日に必要とするビタミンAの摂取量を超えます。

ビタミンAは目の健康に欠かせないビタミン。
不足すると目や網膜にダメージを受けます。

ビタミンAの摂り過ぎも健康に害がありますので、食べ過ぎには注意です。

ビタミンB1

うなぎはビタミンB1も豊富です。
ビタミンB1の含有量は魚介類の中でトップクラス。

うなぎの蒲焼一本(100g)で、成人男性が1日に必要とするビタミンB1の7割を摂取できます。

ビタミンB1は糖質をエネルギーに変換するのに必要なビタミンで、ダイエット効果も期待できます。

ビタミンB2

うなぎの蒲焼一本(100g)で、成人男性が1日に必要とするビタミンB2の半分を摂取できます。

ビタミンB2は人の成長には欠かせないビタミン。
栄養素をエネルギーに変える役割もあります。

皮膚や粘膜の再生にも関係があり、美容にも大切なビタミンです。

ビタミンE

うなぎの蒲焼一本(100g)で、成人男性が1日に必要とするビタミンEの8割を摂取できます。

ビタミンEは「若返りのビタミン」とも呼ばれ、細胞の老化を防ぐ効果があります。

ビタミンEは体内では作られないため、食事から取り入れる必要があります。

DHA・EPAも含まれている

うなぎにはDHA・EPAも豊富に含まれています。

意外ですよね?

うなぎは青魚の代表選手であるサンマと同じぐらいDHA・EPAを持っています。

アジやサケより多く持っています。
と聞くと驚きですよね。

EPAは血液や血管の健康維持には欠かせない成分。
血中のコレステロールや中性脂肪を下げる働きもあります。

DHAは「頭がよくなる」という宣伝が有名ですね。
脳の発達・成長には欠かせない成分です。

ムチンが含まれている

うなぎのヌルヌルにはムチンが含まれています。
ムチンには胃の粘膜を保護する働きがあります。

他にもたんぱく質の吸収を促進する働き、カルシウムの吸収を促進する働き、ドライアイを防ぐ働きもあります。





DHA・EPAに注目しました🙋


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント