記事一覧

プリティベビー




『プリティ・ベビー』(Pretty Baby)は、1978年制作のアメリカ映画。


無名子役だったブルック・シールズを一躍スターにした、ルイ・マル監督のアメリカ進出作である。シールズはこれで世界的にロリータ女優として君臨する。なお、フランスでのタイトルは "La Petite" である。


アメリカでも、無名から有名にってあるんですね。でも、ブルック・シールズは意外でしたね



ストーリー
1917年のニューオリンズ。ここには大きな赤線地区があり、なかでも、マダム・ネル(フランセス・フェイ)が経営する女郎屋は金持ばかりが集まる老舗である。黒人のピアニスト『教授』(アントニオ・ファーガス)がピアノを弾くと開店だ。この店には今年12歳のバイオレット(ブルック・シールズ)という幼い娼婦がいた。バイオレットの母はハティ(スーザン・サランドン)という淫売で、淫売の子は淫売になるということを当り前のことと考えていた。こうした環境で育ったバイオレットは、すでに男と女の営みのすべてを知っていた。ある日、この家にベロック(キース・キャラダイン)という若い写真家の男がこの界隈の女たちの写真を撮りにやってくる。ベロックはハティをはじめ店の女たちとなじみを深め、よく顔を出すようになるが決して店の女には手を出さなかった。これまで、そういう男を知らなかったバイオレットは、いつしかベロックに特別な感情を抱くようになっていた。そして、バイオレットの『水揚げ』の日がやってきた。着かざって大きな輿に乗せられたバイオレットは400ドルという値段でせり落とされ、2階に連れていかれる。階下に残された者たちのやりきれぬ後めたさにも関わらずバイオレットは立派な稼ぎ手として勤めを果たす。ある日突然、ハティが、常連の客だった男と結婚すると言い出し、バイオレットを残し、その男の住むセントルイスに発ってしまう。母がいなくなってもバイオレットの生活は変わらなかった。ある日、黒人の少年にいたずらしたところをマダム・ネルに見つかりひどく叱られる。この仕打ちに腹をたてたバイオレットはマダム・ネルの家を飛び出しベロックの下宿におしかける。いつの間にかバイオレットに魅かれていたベロックの心は乱れ、その日2人は結ばれる。しかし、2人の同棲生活は長続きしなかった。子供扱いにされたことを怒ったバイオレットがマダム・ネルのもとへ帰ってしまったのだ。そして、繁昌していたマダム・ネルの店も赤線の衰退にともなって、遂に閉鎖することになる。さすがに心細い思いをしているバイオレットの前にベロックが現われ、正式に結婚を申しこむ。教会での結婚式が済んで2人の新婚生活がはじまるが、その生活も思いがけぬ方向から崩される。音信不通だったハティが夫と連れだって、突然バイオレットをひき取りに来たのだ。彼女をセントルイスへ連れていき、学校へ通わせ世間なみの子供として育てたいというのだ。母の腕に抱きかかえられるようにして連れ去られるバイオレットを、ベロックはただ茫然と見守るだけだった。



プリティ・ベビー 感想まとめ

この時代になんて衝撃的な内容の映画だろう。
いや、むしろこの時代だからこそ制作出来たのかもしれない。

この映画で伝えたいことを考えてみる。
娼婦としての物語を描きたいわけでも無い。
すると親子の普遍的な愛情か。
それとも12歳の少女が大人により被害をうけたという環境を巡る問題を描いているのか。

映画としての内容は普通。
とりたてて大盛り上がりする箇所も無い。
しかしバイオレットの純真無垢で美しい演技と姿には誰もが目を見張るだろう。

👶動画👶
見てみましょう❗


ブルック・シールズ





レブロンの重役で、ローマの銀行家・貴族のトルトニア家の血を引く父親(イタリアの公爵・メディチ家の血を引く[1])と、元女優の母親の下に生まれ、母親のマネジメントで、わずか生後11か月歳の時にアイヴォリー石鹸(Ivory)のモデルに起用される。その後に両親は離婚し、シールズはアメリカで一番の高額ギャラを得る人気子供モデルとなる。


1977年、ホラー映画『Alice, Sweet Alice』で主人公の妹役で映画デビュー。1978年にルイ・マル監督の『プリティ・ベビー』で12歳の娼婦を演じ、大きな話題を呼んだ。15歳の時にはカルバンクラインのジーンズのCMに起用されたが、年少にしては悩殺的な演技が問題となり、CBSは放送中止にした。


1980年の『青い珊瑚礁』や1981年の『エンドレス・ラブ』などにより、世界的に人気を集め、美人の代名詞とされるようになる。また、20歳の時にはエッセー『私のライフ・スタイル』を出版。プリンストン大学で仏文学を専攻し、1987年に卒業した。学生時代には、俳優のディーン・ケインと交際していた。


1997年4月19日、男子プロテニス選手のアンドレ・アガシと4年間の交際を経て結婚。当時のシールズはテレビ・シリーズの『ハロー・スーザン』(原題“Suddenly Susan”)に出演中で、成人後低迷していた女優業は再び充実してきていた。ところがアガシのテニスは不調に陥る。結局、2人は2年後の1999年4月に離婚した。


アガシとの離婚後、2001年4月にテレビ・プロデューサーのクリス・ヘンチー(Chris Henchy)と再婚。2004年、バーンスタインのミュージカル『ワンダフル・タウン』(Wonderful Town)の主演などがあり、好評を博した。


2003年に長女(ローワン)を出産した後はうつ症状になり、抗うつ薬のパキシルを使用したことを公表したが、2005年5月にサイエントロジー信者であるトム・クルーズがこれを名指しで批判した。クルーズの発言はいわれのない中傷であり、そして彼の評判を下げる結果ともなったが、後日クルーズ自身から謝罪を受け、2人の仲は回復している。奇しくも、シールズの二女(グリア)とクルーズの二女(実子)は同日に同じ病院で誕生した。


マイケル・ジャクソンとは子供のころからの付き合いで、2009年の彼の追悼会で涙を浮かべながらスピーチする姿が全世界に伝えられた。


親日家であり、日本では多数のテレビCMなどで親しまれてきた。フジテレビ『新春スターかくし芸大会』で和太鼓演奏を披露したり、彼女のファンだと公言されていた皇太子徳仁親王とも交流がある。


父方の祖父であるフランク・シールズ(1909年 - 1975年)は、1930年代前半に活躍して国際テニス殿堂入りしたほどのテニス選手であり、その後は1930年代後半に3年間ハリウッド俳優としても活動した人物である。フランク・シールズの2番目の妻(ブルックの祖母)の兄にあたる第5代チヴィテッラ=チェシ公アレッサンドロ・トルロニアの妻のベアトリス・デ・ボルボン・イ・バッテンベルグは、スペイン国王フアン・カルロス1世の伯母であるので、血縁関係こそ無いもののシールズはスペイン王家とイギリス王家の遠縁にあたる。また、父方の曽祖父の第4代チヴィテッラ=チェシ公マリノ・トルロニアはアメリカ東部の上流階級の女性と結婚したが、その女性の兄弟の孫が女優のグレン・クローズである。元々このトルロニア家は、18世紀にフランスのオーベルニュ地方で枢機卿をしていた人物の給仕係としてローマに連れて来られたフランス人の貧しい元農民を始祖とするが、その人物の息子や孫がローマで実業家・銀行家に転身して大成功したことで、18-19世紀にかけてローマとヴァチカンを支配することになった成り上がり者の一族である。しかし、婚姻を通じて中世からローマを支配した名門貴族のオルシーニ家・ボルゲーゼ家と親戚になったことで、彼らを通してメディチ家・エステ家・旧イタリア王家のサヴォイア家とも遠戚になった。また、父親の再婚相手の前夫はアメリカの名家オーチンクロス家出身なので、この家を通して作家のゴア・ヴィダル・ジャックリーン・ケネディとも系譜が繋がっている。


親日家だったんですね。会って見たいですね






🔺🔺🔺🔺🔺
お子さんにお祝いにどうですか💕
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント