記事一覧

手塚治虫アニメ



「千夜一夜物語」/span>

これで動画を見てみよう🌠





『千夜一夜物語』(せんやいちやものがたり)は、虫プロダクションが製作した劇場用アニメーション映画である。予告編等では「アニメラマ」のキャッチフレーズが付けられた。有名な一大説話集『千夜一夜物語』を自由奔放に翻案し、一人の冒険商人を中心とした一大叙事詩が描かれる。配給は日本ヘラルド映画。封切は1969年6月14日。日本初の大人のためのアニメーション映画である。


あらすじ

貧乏な水売りアルディンは、バグダッドの奴隷市場で売られている美女ミリアムに魅了され、竜巻のどさくさで彼女を誘拐する。二人は束の間の愛を育み、ミリアムは身ごもるものの、野心的な官吏バドリーが使う40人の盗賊に捕らえられてしまい、アルディンが拷問を受けている間にミリアムは世を去った。失意のアルディンは盗賊の娘マーディアと共に女護島に着くと、女であるマーディアは放逐され、アルディンは女性のみの島で快楽の時をすごす。しかし彼女たちの正体は蛇だった。ほうほうのていで逃げ出したアルディンは、やがて巨万の富を積んだ難破船を得、大金持ちの船乗りシンドバッドと名乗るようになる。

休暇のレジャーに☝
⤵⤵⤵⤵⤵



15年の時が過ぎ、アルディン=シンドバッドはバグダッドに戻る。同じ頃、ミリアムとアルディンの間に生まれた娘ジャリスの成長した姿もそこにあった。シンドバッドは王位を賭けた勝負に勝ち、バグダッドの王となる。シンドバッドは外征や天に達する塔を建築するなど放蕩の限りを尽くし、さらに、自分のハレムに娘ジャリスを迎えてしまう。狡猾に王に取り入っていたバドリーはシンドバットとジャリスを近親相姦の罪で告発するが、魔王女ジニーの転機で難を逃れ、また仇敵バドリーはマーディアの弓に倒れる。シンドバッドは結局王位を追われ、死刑にならんとするその時、塔は倒壊しその隙にバクダッドを脱出する。王座によって何も得ることが出来ないと悟ったシンドバッドは、再び元のアルディンに戻り旅に出る。



エピソード

主人公アルディンの声は、市川染五郎や堺正章も候補となっていた。山本監督が、青島幸男に出演交渉に出向いた先は議員会館の執務室で、その本棚には、漫画が数冊並んでいるだけだったという。青島はシナリオを一読し、濡れ場の多さから即座に出演を承諾したものの、その直後アニメだと気付き落胆したというが、芸達者な劇団雲の面々に対して堂々たる演技を見せつけた。宝比べの最後、空飛ぶ馬との競争シーンは大塚康生が作画しているが、他社との契約の関係でノンクレジットである。バドリーのデザインは、やなせたかし曰くデビッド・ニーブンを参考にしている。





産後のボディーケアーは✴

現代アニメもいいけど、昔のアニメもいいと思いませんか?


👍千夜一夜物語動画👍

一部分、見てねぇ🌠

美脚になりませんか🎶
⤵⤵⤵



キャラクター













気になるキャラクターはいたかな🎵
婚活、恋活しよう🙌
🔻🔻🔻




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント