記事一覧

エブリシング



8月5日公開🌠

『エブリシング』(原題:Everything, Everything)は2017年にアメリカ合衆国で公開された青春映画である。監督はステラ・メギー、主演はアマンドラ・ステンバーグとニック・ロビンソンが務めた。本作はニコラ・ユンが2015年に上梓したヤングアダルト小説、『EVERYTHING,EVERYTHING わたしと世界のあいだに』を原作としている。

映画、アニメを電子書籍でどうかな?





ストーリー

免疫不全に苦しむマディーは、18歳という多感な時期にいながら、外出もままならず、親や医療関係者としか交流できずにいた。マディーの母親であるポーリンは、15年もの長きにわたって娘の看病を続けてきた。ポーリンやカーラはマディーが外の世界に触れたがっていることを知っていたが、病状が回復しないことには、その願いを叶えてやることができないのも事実であった。

ある日、ホイッター家の隣に新しい家族が引っ越してきた。その様子を窓から眺めていたマディーは、偶然にもオリーと目が合ってしまった。その夜、ポーリンとマディーが映画を見ていると、オリーとカイラがバウンドケーキを持って引っ越しの挨拶にやって来た。ポーリンは丁重にケーキの受け取りを断り、ドアを閉めようとしたところ、オリーが「娘さんはどちらにいらっしゃいますか」と尋ねてきた。返答に窮したポーリンは「娘は今忙しいの」と嘘を言ってしまった。マディーは2人が家に帰る姿を窓越しに眺めるしかなかった。

ニキビのケアーはこちら
⤵⤵⤵⤵⤵



目が合った女性が気になって仕方がないオリーは、自室の窓にメールアドレスを書いてコミュニケーションを取ろうとした。それを見たマディーはそのアドレスにメールを送った。かくして、2人の交流は始まった。メールのやり取りを通して、2人はお互いに好意を持つようになった。

母親が反対するであろうことを見越して、マディーはカーラに「オリーと直接会いたい」と打ち明けた。衛生面に細心の注意を払うことを条件に、カーラはマディーの要望を聞き入れることにした。ポーリンが仕事でいない独立記念日に、マディーはオリーを自室に招いた。打ち上げ花火を見ながらロマンチックな雰囲気になった2人は、ディープキスを交わすのだった。

2人は順調に愛を育んでいくかに見えたが、そこにオリーの父親が暗い影を投げ落とすこととなった。

夏休みの旅行の準備は🎵
🔻🔻🔻🔻🔻




注文のキャスト🌟



アマンドラ・ステンバーグ


英語表記Amandla Stenberg
誕生日1998年10月23日
出身アメリカ/ロサンゼルス


血圧が気になる方
👇👇👇👇👇





ニック・ロビンソン

英語表記Nick Robinson
出身アメリカ/ワシントン州

地元シアトルの舞台公演で高い評価を得たことからロサンゼルスで大きなチャンスを求め、TVシリーズ「メル&ジョー 好きなのはあなたでしょ?」(10~)にレギュラーキャストに抜てきされる。TV映画「フレネミーズ」や「ボードウォーク・エンパイア 欲望の街」シーズン3(ともに12)の出演を経て、長編映画デビュー作「The Kings of Summer(原題)」(13)で主演を務める。大ヒットSF映画「ジュラシック・ワールド」(15)の主要キャストに大抜てきされ、その後もロブ・ライナー監督の「Being Charlie(原題)」(15)で主演を務めるほか、人気ヤングアダルト小説を映画化する「The 5th Wave(原題)」(16年全米公開予定)でもメインキャストに起用されるなど、ハリウッドでの活躍が期待される若手俳優のひとりとなる。

👋予告動画👋

号泣なシーンを想像しちゃいますね🌟


ペットの健康にも






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント