記事一覧

伊豆映画祭



静岡県伊豆市土肥の古民家での映画祭。
夏の記憶。海と温泉。
「あなたの伊豆物語、始まる」



「桐島、部活やめるってよ」


第36回 日本アカデミー賞 最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀編集賞、優秀脚本賞、新人俳優賞優秀賞 (橋本愛・東出昌大)、話題賞(作品部門) 受賞

 

「不在の桐島」に振り回される103分。歪みはじめる人間関係。観終わった後、あなたは何を感じるか—。

ありふれた時間が校舎に流れる、「金曜日」の放課後。学校内の誰もが認める“スター”桐島が、部活を辞めるというニュースが校内を駆け巡った。彼女さえも連絡がとれずその理由を知らされぬまま、あらゆる部活、クラスの人間関係に波紋が広がっていく。日本映画界を席巻した話題作。

 



【原 作】 朝井リョウ(第22回小説すばる新人賞受賞)

【監 督】 吉田大八(『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』 

           『紙の月』『美しい星』) 

【脚 本】 喜安浩平、吉田大八

【出 演】 神木隆之介、橋本愛、大後寿々花ほか

【配 給】 ショウゲート

©️2012「桐島」映画部 ©️朝井リョウ/集英社     *伊豆映画祭での上映日程は7月上旬に発表いたします。



「湯を沸かすほどの熱い愛」


第40回 日本アカデミー賞 最優秀主演女優賞 宮沢りえ / 最優秀助演女優賞 杉咲花
W受賞  (優秀賞6部門受賞)

ー銭湯「 幸(さち)の湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと 出奔し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていくー




宮沢りえ、杉咲花、篠原ゆき子、駿河太郎、伊東蒼/松坂桃李/オダギリジョー

脚本・監督:中野量太

主題歌:きのこ帝国「愛のゆくえ」

配給:クロックワークス

©2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会                              *伊豆映画祭での上映日程は7月上旬に発表いたします。



なんと✌✌映画だけではなく、他のイベントも盛り沢山☺☺、楽しみですね。プログラムはそろそろ発表かな?🎵🎵🎵

今年はタイトルが 伊豆映画祭 in 土肥劇場になりました。

話題作から公募作の映画上映、VRお化け屋敷、落語会、演劇、カレーフェス、他イベント。今年も盛り沢山でお送りいたします。

尚、プログラム詳細は7月上旬に発表いたします。

ワクワクしてくるね🌠🌠🌠

💡💡💡とっとこハム太郎ショップ💞💞💞
🔺🔺🔺健康の為にチェック❇❇❇
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント