記事一覧

思わず懐かしい~と思う映画!


☆☆☆ TVで今話題の免疫ビタミン LPS(リポポリサッカライド)【ハイパーLPS500】☆☆☆



TVで今話題の「LPS(リポポリサッカライド)」。



体に備わっている免疫システムが、絶えず正しく働いている状態こそが健康な体。



病気や怪我を薬に頼らず治す自然治癒力も、自然免疫が働いているおかげです。



「免疫ビタミン」とも称される、「ハイパーLPS500」は、一日スプーン一杯(2mL)目安量摂取することで、



自然免疫応用技研(株)製 高濃度パントエア菌LPSを大人の1日の必要量500μg



が摂取できます。



ハイパーLPS 500 内容量:38g(2mL×33回分) 3,480円(税込・送料無料)



※「免疫ビタミン」はLPSの技術元である自然免疫応用技研(株)の登録商標です。



※自然免疫応用技研(株)は、長年の研究により、LPSの効率的な摂取量として、



500μg/日を推奨しています。





TVで今話題の免疫ビタミン LPS(リポポリサッカライド)【ハイパーLPS500】







「ジャングル大帝レオ」

あっー。と思う人😋知らなーい。と思う人😅キャラクターは、見たことあると思う人と、色んな人がいます。🙋🙋🙌



作品テーマ

夏目房之介や二階堂黎人は、主人公レオが人間と動物の間に立っており、手塚の他作品『0マン』や『勇者ダン』などと同じく、本作の主題を異者同士の葛藤と和解であるとしている。

呉智英は、『ジャングル大帝』での暗黒大陸アフリカのジャングルの近代化をめぐる主人公レオの内心の葛藤は、手塚治虫の戦後日本における民族主義と近代主義の両方へ不信感を向けたもので回答を出しておらず、近代主義と民族主義の調和を訴えた作品と読むのは安易な読み方であるとする。

アニメ版の楽曲を担当した冨田勲は、『ジャングル大帝』には連載2年前の1948年から始まった南アフリカのアパルトヘイトが影響しており、レオはネルソン・マンデラではないかという私見を述べている。

🐻🐻奥深い内容なんだって事がわかりますよね🐼🐼





原作

アニメ

第1作

ジャングルの王として君臨していた白いライオン・パンジャは人間に捕らえられた妻・エライザを助けようとして銃弾に倒れた。エライザを動物園に入れるため、人間たちが船で輸送する途中、エライザはパンジャの血をひく白い雄ライオン・レオを出産。レオを動物園などに入れられる訳にはいかないと、エライザはレオを脱出させ、「ジャングルへ戻りなさい」と命じる。その後、嵐に巻き込まれ船と共にエライザは沈んでしまう。レオは心優しき人間のケンイチたちに助けられ、ジャングルへと戻る。レオは人間たちの文化を活かしてジャングルを改革し、そこにいる仲間たちを守り、人間語も話せるようになる。そして、ジャングルを荒らす人間たちと戦い、勝利、そして、幼なじみの雌ライオン・ライヤと結婚する。
🐍動画🐍



第2作

結婚したレオとライヤの間に2匹の子どもが生まれる。オウムのココが名付け親となり、「寝る」と「起きる」をひっくり返し、男の子をルネ、女の子をルッキオと名付ける。ジャングルで平穏に暮らすレオたちだったが、幻の石である「月光石」を狙って、人間たちが再びやって来る。さらに人間世界に憧れるルネが家出をしてしまったり、ライヤが恐ろしい伝染病にかかってしまったりと事件が勃発。レオはジャングルと愛する仲間たちを守ることができるのか。
🐮動画🐮

第3作

ケンイチに助けられ動物たちの憩いの場である「パンジャの森」に戻り、リーダーとなるが仲間たちを守りたいという思いが強すぎたのか、かえって仲間を傷付けてしまい、森の掟(パンジャの森では絶対に戦ってはいけない)を破ったとして、森を出ていく。「俺は独りで生きていくんだ」と意地を張るレオだが、仲間との思い出や、ライヤの涙が脳裏を過る。そんな中、森の外でレオが目にしたのは「生と死」だった。生命の輝きを見たとき「僕はやっぱり、森に戻らないと。仲間たちを守るんだ」とレオは決心する。森に帰ったレオを待っていたのは、人間たちの襲撃だった。レオはパンジャの森と愛する仲間たちを守ることができるのか。
🐧動画🐧



西武グループのマスコットキャラクター

プロ野球埼玉西武ライオンズのマスコットとして、『ジャングル大帝』のレオが採用されている。オーナーの堤義明から手塚治虫本人直々に電話があり、イメージ戦略のために依頼したという。キャラクター使用料は3000万円だった。マスコットキャラクターはレオということになっているが、実際には生前の手塚が「あの絵は実はレオの父親のパンジャなんですよ」と語っていたように絵柄自体は大人になったレオではなく、微妙に異なるデザインのレオの父親パンジャである。しかし、そのまま「レオ」と呼ばれている。西武鉄道においては乗車カードに「レオカード」、山口線(及びそこで使用される西武8500系電車)に「レオライナー」の愛称がある。
西武鉄道のボタン式旧券売機(タッチパネル新型券売機には書かれていない)や西武鉄道グループの西武バス(高速バス・貸切バスおよびノンステップバス※のみ)・西武高原バス・伊豆箱根鉄道・近江鉄道のバス及び西武ハイヤーのタクシー(黒塗りのハイヤーは除く)にもレオが描かれている。しかし、ここ最近の導入車両や車体更新車両ではレオマークが消え『Non-Step Bus』の文字だけになっている。 西武球場の電光掲示板には、湖川友謙の作画した、西武ライオンズのユニフォームを着たレオ(手塚によればパンジャ)が打ったり走ったりするアニメーションが表示された。

☝は皆様、ご存じですよね☺☺😿





さぁー😻見てみよう😍😍😍

😋😋とっとこハム太郎ショップ🙋🙋
⤴⤴⤴⤴⤴健康の為にクリックしてね💛💛💛
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント