FC2ブログ

記事一覧

ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー



キャスト

ベジータ

堀川 りょう(ほりかわ りょう、1958年2月1日 - )は、日本の声優、俳優、ナレーター。本名:堀川 亮(ほりかわ まこと)アズリードカンパニー(代表取締役)所属。大阪府出身。青二プロダクションに所属していた頃は堀川 亮(ほりかわ りょう)の名で活動していたが、2001年4月3日に現在の名前に改名した。インターナショナル・メディア学院学院長。

特色

温厚な好青年から冷徹な悪役やライバル役まで、二枚目から三枚目問わず、幅広い役柄を演じる。動画と脚本をチェックしている際、ニュアンスなどを変えたほうが良いと判断した部分をリハーサルで変更するケースが多く、自分をリラックスさせる意味もあるという。


デビュー以来少なからず線の細い中性的な役柄が続いたが、『ドラゴンボールZ』のベジータを転機に、『まじかる☆タルるートくん』の原子力、『剣勇伝説YAIBA』の鬼丸猛、『名探偵コナン』の服部平次など、主人公のライバルを演じる機会も多くなった。

青二プロダクションで活動後、アーク・ライツを経て、現在の事務所に所属しその代表取締役となった。現在は声優養成所インターナショナル・メディア学院の学院長も務めている。

獨協大学を中退している。特技は水泳、野球、英会話(実用英語技能検定準1級所持)。妻は同じく声優の及川ひとみ。



ピッコロ

古川 登志夫(ふるかわ としお、1946年7月16日『声優名鑑』、610頁、成美堂出版、1999年、ISBN 978-4415008783 - )は、日本の声優、俳優、ナレーター、大阪芸術大学短期大学部教授声優コース | 放送学科 | 学科案内 | 大阪芸術大学 2015年11月5日閲覧。青二プロダクション所属。妻は同じく声優の柿沼紫乃。

演技・声質

自身の声をハイバリトンであると語り、演技に関しては「強い男の中にやさしさを盛り込む」といったような、「古川が演じたらどうなるか」というプラスαの演技を常に心掛けている。

エピソード

『うる星やつら』

『うる星やつら』の主人公・諸星あたるは古川の代表キャラクターの1つとされており、雑誌やテレビで古川の経歴が紹介される際、最初に載せられることも多い。オーディションは、漫画を見ながら台詞を読むものだったとのこと。古川本人は、後年「三枚目役は初めてだったため、開始当初はどう演技すれば良いのか困っていた」『堀川りょうのパケディオアニラジチャンネル』ゲスト出演時(番組公式サイト「RADIO TIME TABLE」06.07.10 - 17日からasxファイルで視聴可能)「二枚目でありつつ、三枚目。三枚目はどうやって演じていいのかわかず。セリフが速く表情は千変万化し、展開も二転三転。真面目な顔の次の瞬間には大きな口を開けて笑っている。一行のセリフ中で前半は真面目、後半は三枚目でふざけている。ものすごく難易度の高いセリフが多く、本当に大変だった」 などと語っている(それまでは二枚目がほとんどだった)。





ブルマ

久川 綾(ひさかわ あや、1968年11月12日 - )は、日本の女性声優、歌手。

大阪府貝塚市出身。身長160cm、体重44kg、血液型はA型、星座はさそり座。所属事務所は青二プロダクション。既婚者。

経歴

『キテレツ大百科』のエキストラ(少女A)役でデビュー2014年11月3日放送のNHKFM番組『今日は一日“歌う声優”三昧 ツヴァイ!』内で本人が述べた。セリフは「トンガリ君」の一言のみだったが、お蔵入りになり、放送されなかった。。その後、『新ビックリマン』のプッチー役で初レギュラーとなるが、セリフが「プッチー」のみというキャラクターだった。また、同年に『魔法使いサリー(1989年版)』で春日野すみれ役を担当。翌1990年には、『RPG伝説ヘポイ』のミーヤ・ミーヤ役でメインヒロインを、OVA『魔物ハンター妖子』の妖子役で主人公を、それぞれ初めて担当した『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』のレオナ姫役、OVA『I・R・I・A ZEIRAM THE ANIMATION』のイリア役でもそれぞれ、メインヒロインと主人公を担当する。。1990年にはこのほか、赤塚不二夫原作のアニメ『もーれつア太郎』のレギュラーキャラクターであるモモコに声をあてている。

エピソード

『美少女戦士セーラームーン』の水野亜美役を引き継いだ金元寿子とは他の作品で共演したことがあるが、その際に久川は「世代交代したんだから、私に気をつかわないでね。私もできるだけ代表作に『セーラームーン』を入れないようにするから」と言った。すると金元は恐縮しつつ水野亜美に対する愛を熱く語った。



主な声優さんの紹介しました。ほんの一部です

皆様の方が詳しいかもしれませんね



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント