FC2ブログ

記事一覧

競馬のルーツと歴史2

日本でも平安時代の文献に競馬(くらべうま)という表記があったと言われております。

専用の競馬場で正式なルールの基で行われる近代競馬の歴史は16世紀にイングランドで始まったのが最初とされ、その後世界各国へと広がっていきました。

日本でも西洋式の現在のルーツとなる競馬が最初に行われたのは1860年とされており、1923年には中央競馬会の発足とともに、政府が深く関わる競馬が全国的な統一組織のもとで開催されるようにと変わりました。


1932年には現在の東京優駿(日本ダービー)にあたるダービーステークスが目黒競馬場で創設され3回目に現在の府中の東京競馬場に開催場所を変更したほかは、場所・距離ともに変更されていなく、日本の最高峰の競馬レースとして長い歴史を築いてきています。

 

その後も現在の牡馬3冠とされる、皐月賞・菊花賞をはじめ、多くの現在でもなじみのあるビッグレースが誕生しました。

 

現在のG1競走に当たるレースで最も歴史が古いのは天皇賞とされ、
第一回とされる「帝室御賞典」は1937年ですが、JRAが前身となっているエンペラーズカップまで遡ると1905年に起源を持っていると言われています。

 

その後の近代競馬の歴史は多くの名馬が誕生され、有名な所を挙げるとシンザンなどの戦前の競馬から現在まで名を残しているような名馬から、トウショウボーイやシンボリルドルフのような昭和を代表する名馬。

 

そして記憶にも新しいオグリキャップやナリタブライアン・サイレンスズカなど競馬を現在の人気に押しあげたような名馬たちがいて、最近でもウォッカやオルフェーブルのような歴史と記憶に名を残すような名馬が誕生しており、競馬の歴史はとても奥深く、多くの競馬ファンの記憶にも残す歴史を刻んでおり、競馬はタダの賭け事ではないといわれる所以です。



続きは、次回の楽しみにしてください。🌠🌠🌠🌠🌠


毎日の食生活に不安は、ありませんか?見直してみませんか?

↓↓↓↓↓詳しくはこちらから✌✌✌



働くママ・パパからの味評価No1獲得!安心の手作り惣菜【わんまいる】

旬産旬消にこだわる商品開発と、社長自ら毎日食べる厳しいチェック体制は自社独自の理念です。

安心で安全の手作りの調理される『旬の手作りおかず』は単品だけでも200品以上の品揃えなのに、全ての取扱商品が、お客様の生活リズム、好き嫌いなどに対応できる、1品からの自由注文(フリーチョイス制度)を採用!! 考えるのがめんどくさい人、毎回頼みなおす事が面倒なお客様には、管理栄養士が塩分・カロリーを計算した5日分合計「15品セット」を毎週日替わりで発売しています。


原材料の仕入れは大阪中央市場を中心に、国産野菜100%のこだわりと、老舗惣菜専門店に限定した手作りの完全調理。 お客様に合わせて、毎月200種類以上の単品商品や便利な献立セットまで幅広くご用意しています。



さぁーこちらをクリックして見てね
↓↓↓↓↓↓↓↓↓






是非、試してみてね☺☺☺

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント