FC2ブログ

記事一覧

カメラを止めるな!




監督

上田慎一郎






滋賀県出身。中学1年の頃から自主映画やコント映像の制作を始め、高校卒業後も独学で映画制作を学ぶ。2009年、映画製作団体「PANPOKOPINA」を結成し代表を務める。オムニバス映画「4/猫 ねこぶんのよん」(15)の1編「猫まんま」の監督・脚本で商業映画デビュー。

その後、短編映画「テイク8」(15)、「ナポリタン」(16)などで監督・脚本・編集を務める。17年、ENBUゼミナールのシネマプロジェクト第7弾となる「カメラを止めるな!」で初めて劇場用長編映画を監督。同作は、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018でゆうばりファンタランド大賞などを受賞する。

18年6月から劇場公開が始まると口コミやSNSで評判が広がり、上映館数が当初の2館から120館以上へと拡大され、低予算のインディーズ映画としては異例のヒットを記録した。その他、妻・ふくだみゆきの監督作「こんぷれっくす×コンプレックス」(15)などでプロデューサーを務める。


エピソード

高校2年生の夏休み、友人2人とともにいかだで琵琶湖の横断を決行したことがある。安曇川町から出発したが波が高くなり漂流し、携帯電話で救助を要請。対岸の彦根市柳川町に辿り着けたが、現地の警察官に保護され、新聞沙汰になる騒動となった。

2006年頃、mixiにて岡本太郎や高橋歩を初めとした著名人をテーマとした様々なコミュニティに「自分、○○(コミュニティの主題の人物)、超えます」というトピックを立て、ヒッチハイク中の自身の写真とともに映画監督に対する夢を語ったり回っていた。コミュニティに無関係な自己宣伝を注意する意見があっても頑として聞かなかったという。このエピソードはニコニコ生放送『久田将義×吉田豪のタブーなワイドショー』(2018年7月21日配信)で、書評家の吉田豪によって明かされ「つらい人だった」と話された。当時、上田を諭そうとした人物の中に吉田の他、クイズ研究家の西野ヒロシもいた。同配信内で「行動力は異常にあるが、方向性が完全に間違っている人だった。正しく映画に方向に向けた結果、結果を残すようになった」と評されている。

このエピソードは、『週刊漫画ゴラク』Vol.2623の「聞き出す力」にて吉田豪が再度触れており、「若かりし痛さが正しい方向に向かえば大成するかも知れない。だれがどうなるかは分からないものなのだ!」と締めくくった。

ニコニコ生放送での配信内容を書き起こしたブログ記事に上田はツイッター上で触れ、吉田と西野に謝辞を述べている。上田の妻のふくだもこの話題に触れ、「ちゃんとできるのは映画だけで、私生活は今も相当ポンコツ」と語った。

2015年に結婚式場を舞台とした短編映画『テイク8』を制作しているが、クランクインの4日前に自身の結婚式を挙げている。




「カメラを止めるな!」動員120万人突破 大ヒット継続に上田監督らが歓喜の“ポン”!






異例の大ヒットを記録中の上田慎一郎監督作「カメラを止めるな!」の100万人突破記念舞台挨拶が9月6日、東京・TOHOシネマズ日比谷で行われた。上田監督をはじめ濱津隆之ら総勢22人が登壇し、満席の会場から熱狂的な歓声と拍手を浴びた。

8月31日に観客動員100万人を記録し、9月6日時点で120万人超え。上映館数は269館(終了および今後上映の劇場も含む)にのぼり、興行収入は16億円を突破している。社会現象とも言える熱狂ぶりに、上田監督は「6月23日の公開初日が大昔のように感じますし、永遠のように思える2カ月半でした。最初は2館から始まり、3週間で終わる予定でしたが、120万人突破。去年の夏の撮影からずっと走ってきてくれた方々と、自分の映画のように応援してくれた皆さんが、僕の1番の自慢です」と快哉を叫び、「(今作の)生みの親は僕たちスタッフ・キャストかもしれませんが、育ててくれたのはここにいる皆さんと、カメラの前にいる皆さん。こんなに熱い親がいっぱいいる映画は、ほかにないです。皆さんのおかげでこんなに元気な子に育って、まだまだ遠くまで走ってくれると思う。その背中を一緒に見守ってくれると嬉しいです」と感無量の面持ちを浮かべた。

一方で監督・日暮隆之役の濱津が「映画や業界のことはまったく詳しくないんですが、そんな自分ですら、すごいなと思うことばかり、この映画に出てから、身に降りかかってくる」とたどたどしく話すと、登壇陣は「まとめてもらっていいですか?」などと一斉にツッコミを入れ、場内を爆笑に包む。日暮の娘役の真魚は「真魚様~!」と熱烈な歓声を受け、日暮の妻役のしゅはまはるみは「今作が日本アカデミー賞の対象作品になりました! ひとえに、皆さんが応援してくださったおかげ。夢のようなレッドカーペットを歩ける可能性が出てきました」とにんまりと頬を緩めた。

この日はほかに、長屋和彰、細井学、市原洋、山崎俊太郎、大沢真一郎、竹原芳子、浅森咲希奈、吉田美紀、山口友和、藤村拓矢、眼鏡太郎、曽我真臣、佐渡未来、イワゴウサトシ、高橋恭子、生見司織、音楽の鈴木伸宏、主題歌の山本真由美も出席。約1カ月ぶりに同館に凱旋した一同は、軽快なトークで笑いをさらい続け、上田監督は「余裕が出てきたね、舞台挨拶に!」と頼もしそうだった。最後は、しゅはまの劇中セリフに絡めた一本締めも。「ポン!」という掛け声が響き渡り、舞台上でも客席でも歓喜の笑顔が弾けていた。

映画は、監督・俳優専門学校「ENBUゼミナール」のワークショップ第7弾として製作された作品。30分以上の長回し、前半と後半が大きく異なる構成、何度も本編を見たくなるようなアイデアの妙、共感を集めてやまないキャラクターなど、全編にみなぎる映画的興奮が観客を魅了し続けている。



反響がすごい映画だね。ハマるか、ハマらないかは人それぞれですね☺☺☺

ここからは、🉐情報
自分自身の健康はもちろん、家族、友達、恋人の健康に何かされてますか?

まだって、言う人は、是非これを機会に考えてみましょう🌠🌠🌠


乳酸菌とミドリムシが1つに、毎日するっと快調 【乳酸菌ミドリムシ】

・59種類もの栄養素を含むこのミドリムシと300億個の乳酸菌が同時に摂れるサプリです。
・口コミでも話題のミドリムシと、体内環境を整える2つの乳酸菌と善玉菌のエサになる2つのオリゴ糖を配合!

・栄養素も乳酸菌も一度にコレだけの量を摂れるのは株式会社エポラの『乳酸菌ミドリムシ』だけ!!

・さらに保存料、香料、賦形剤など、カラダに蓄積して害となるものを一切使用していない“完全無添加”。

・ミドリムシはもちろん、世界初・東大発・石垣島産のミドリムシを使用。

・乳酸菌とオリゴ糖のWの力で体内環境を整えつつ、ミドリムシでしっかり栄養がとれるマルチサプリの決定版 <乳酸菌とオリゴ糖の特徴> ・プロバイオティクス(乳酸菌を食べる)、プレバイオティクス(オリゴ糖を食べる)  両方を一緒に食べることを「シンバイオティクス」といいます。

2種乳酸菌  (1)有胞子性乳酸菌(生きて腸まで届く乳酸菌)7億個ほど入る。  

(2)EC-12株(小さい菌なので300億個入っている。腸管から吸収される。免疫を高める) 2種オリゴ糖  

(1)フラクトオリゴ糖(野菜ショ糖)  

(2)ガラクトオリゴ糖(ガラクトース、乳に含まれる糖)    +ミドリムシを加える。ことで相乗効果が起こることが特徴になります。


さぁー、詳しくは
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓







↑↑↑↑↑見ないと損するよ
さぁークリック、クリック‼️‼️‼️


是非、お試しください。😻😻😻
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント