FC2ブログ

記事一覧

ダイエットの為のスクワットの正しいやり方(3パターン) 【2】

お腹に効果的なスクワットのやり方




正しいスクワット動画

☝クリック☝


お腹に効果的なスクワットのやり方


足は肩幅よりも広めに開きます

両腕を真っ直ぐに伸ばした姿勢でスクワットを開始します

しゃがみこむと同時に、両腕を前から後ろへ引いて行きます

お尻を突き出し、背中を弓なりにします

太ももと床が平行になるようにしましょう

立ち上がる時に、後ろに引いた両腕を前に戻します

呼吸は止めずに行います




ダイエットのための理想的なスクワットの回数は?







スクワットは基本に忠実に正しく行うと、1回でもかなりの負荷があります。

そのため、回数を多くこなす必要はありません。

特にこれから初めてスクワットダイエットを行うという方の場合は、最初は5回でも構わないと思います。

そのかわりその5回のスクワットは上記で説明したように、しっかりと行う必要があります。

ただし、ダイエットという観点から申し上げると、「今はこれが限界」と思える回数よりも1つでも多く行うことが大切だと考えます。

すなわち、目標が5回であれば、6回目を行うことで限界に達している筋肉がさらに鍛えられるので、得られる効果は大きくなるというわけです。

最初は5回を目標に始め、慣れてきたら10回、15回と回数を上げ、さらにその目標にプラス出来るように行うとよいと思います。



消費カロリーは?







スクワットの消費カロリーは、体重などによっても多少の誤差がありますが、1回あたり0.42㎉と言われています(1分間に15回行ったと仮定して)。


ご飯茶碗一杯(150g)のカロリーは約220㎉と言われていますので、これをスクワットで消費しようと思ったら、8,000回近く行う必要があります(あくまでも計算上です)。

とても現実的ではありませんよね。

また、思っていた以上に消費カロリーが少なく、「それで本当にダイエットに効果があるの?」と思った方もいらっしゃると思います。

しかし、スクワットダイエットの目的そのものが運動によってカロリーを消費することではなく、カロリーを消費しやすい体=基礎代謝が高い体に変えることです。

そのため、一回のスクワットで消費されるカロリーは少ないものの、筋肉量が増えるに従い基礎代謝量がアップするため、長い目で見ると消費カロリーの増加に繋がります。




次は、効果についてを中心にお伝えします。

楽しみに待っててね☺☺☺


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント