記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IT イット “それ”が見えたら、終わり。

映画評論・批評



キング原作の高い難度を超え、ホラー版「スタンド・バイ・ミー」の境地へと立つ!



ここ約40年間であまり変わらないものといえば、「うまい棒」の値段と「スティーブン・キング小説の映画化」の高い難度だろう。いや、後者はそれなりにクリアされてたりもするが、評価の良い「キャリー」(76)や「シャイニング」(80)、「デッドゾーン」(87)などは個性派監督たちの技巧に救われているところが大きく、「スタンド・バイ・ミー」(87)や「ショーシャンクの空に」(95)あたりも傑作だがホラーではない。心底恐ろしいキング原作映画の成功、それをやり遂げてくれただけでも、この「IT イット "それ"が見えたら、終わり。」の製作者には「うまい棒」を一生ぶん差し上げるべきだ。

平和な街に災いをもたらす悪霊ペニーワイズと、7人の男女たちとの対決を描いた「IT イット」は、モダンホラー文学の巨匠キングのキャリアを代表する長編だ。27年周期で現れるペニーワイズと彼らは2度の死闘を繰り広げ、原作ではその「少年時代の戦い」と「壮年時代の戦い」が交互して語られる。マンガ「20世紀少年」の原型といっていい、この戦いの錯時的な構成こそが、本作を恐怖と感動の一大エピックにしているのだ。しかし今回はそこから「少年時代の戦い」だけを取り出し、映画の規格に収めている。






経験則からいえば、これはもうキング原作映画の失敗を匂わすフラグだ。ところがどうだろう、少年時代に設定を絞ったことが奏功し、物語は“ジュブナイルもの”の直球的な面白さをズンズンと放っているではないか。身内の失踪や学校でのいじめ、親からのDVなどそれぞれ問題を抱えた子らが団結し、人間の弱みに付け入る怪物に対して勇気を振り絞り、自分たちを苛む存在を克服しようとする。こうしたイニシエーション展開が強靭なバネとなり、本作はキング原作の高い難度を超え、ホラー版「スタンド・バイ・ミー」とでもいうべき境地へと立つのだ。

「排水溝から覗くピエロ」のトラウマ系アイコンで社会現象を巻き起こした、ペニーワイズ(ビル・スカルスガルド)の不快を煮詰めたような邪悪な存在感も、恐怖映画としての役割を果たして観客の悲鳴を誘う。さいわいなことに本作は全米での大ヒットにより「壮年時代の戦い」も製作されると聞く。だが、ここまで「IT イット」を極めたものが生まれてしまうと、蛇足になりはしまいか? 少年編と壮年編を二部構成にし、後者が擁護しがたい出来となったTVドラマ版「IT」(90)の轍は踏んでほしくない。オレが「うまい棒」あげるから、ちょっと考え直してみてくれ!

(尾崎一男)




スティーブン・キング原作「タリスマン」をジョシュ・ブーン監督が脚本執筆







「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」の大ヒットを受けて、スティーブン・キング原作の「タリスマン」の映画化が前進したと、米バラエティが報じた。

スティーブン・キングとピーター・ストラウブ共著の「タリスマン」は、1984年に発表されたファンタジー巨編。12歳の少年が、がんを患った母親を救うために“タリスマン”を探してアメリカを横断するというストーリーだ。

スティーブン・スピルバーグ率いるアンブリン・エンタテインメントは当初、テレビドラマとして準備をしていたが、このほど映画化に方針転換。「きっと、星のせいじゃない。」のジョシュ・ブーン監督に脚本執筆を依頼した。現時点では脚本家としての起用だが、脚本の仕上がりによっては監督に就任する可能性がある。

「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」が世界累計興行収入6億ドルを突破したことにより、キング作品の映像化に注目が集まっている。直近では「ダーク・タワー」(ソニー・ピクチャーズ)、「ジェラルドのゲーム」(Netflix)などが公開されたほか、「ミスター・メルセデス(原題)」(Audience)、「キャッスル・ロック」(Hulu)などの原作ドラマも進行している。

ブーン監督は、キング原作の巨編を映画化する「ザ・スタンド」で脚本・監督を務める予定だったが、同企画は映像化権の移行にともない保留状態にある。その後も、キングのホラー小説「リバイバル(原題)」の脚本を手がけていることから、キングからの信頼も厚い。現在は「X-MEN」のスピンオフ映画「ザ・ニュー・ミュータンツ」(18年4月13日に全米公開)を手がけている。



IT/イット “それ”が見えたら、終わりのラストの意味とチャプター2について






余韻を残して終わっていく「IT/イット “それ”が見えたら、終わり」。そのエンディングには一体どんな意味があるのか。ここで詳しく解説していきます。


ここをクリックね


IT/イット “それ”が見えたら、終わりのエンディング







ペニーワイズとの戦いを終えたルーザーズクラブのメンバーたち。彼らはいつかまたペニーワイズがデリーの街に現れたときには力を合わせて戦うことを誓い合います。そしてまるで夏の終わりを告げるかのようにひとりまたひとりとその場を去っていきます。

最後に主人公のビルは憧れの美少女ビバリーとキスをしてハッピーエンドのような形で映画を幕を閉じますが、実はそれで終わりではありません。

エンドロールの後に聞き覚えのあるペニーワイズの甲高い笑い声が聞こえるのでした。そしてこんなテロップがスクリーンに映し出されます。




「It Chapter 1」

そう、つまり「IT/イット “それ”が見えたら」はチャプター2へと続くのでした。



IT/イット “それ”が見えたら、終わり・チャプター2のあらすじ




劇中でも紹介されていた通り、ペニーワイズは27年周期で街に現れ、子供たちを餌食にしていきます。つまりチャプター2の舞台は27年後。

チャプター1が1988年から1989年を舞台にしていることからしてもチャプター2は2016年、あるいは2017年頃の設定になるでしょう。

すっかり大人になったルーザーズクラブのメンバーたちは再会し、またしてもペニーワイズに立ち向かうことになります。

もちろんビル、エディー、リチャード、ビバリー、ベン、スタンリー、マイクの7人はそれぞれ別々の人生を送っています。

1990年公開の「IT/イット」では主人公のビルは大人になってホラー作家にリチャードはコメディアンに、、ビバリーはファッションデザイナーに、ベンは建築家に、スタンリーは不動産のブローカーに、エディーはリムジンサービス会社の社長になるなど、それぞれ順調な人生を送っています。

ところがある日、スタンはお風呂場で自殺を図り、壁に血で「It」の文字を書き残して死んでいきます。6人となったメンバーたちは27年前の悪夢を繰り返さないためにも再びペニーワイズに立ち向かう、というのがあらすじです。

といってもチャプター2が前作と同じストーリーになるかは不明です。それどころかまだチャプター2の製作は正式に発表されておらず、いつ公開されるかも明らかにされていません。

しかしながらチャプター1の大成功を受け、チャプター2の製作が実現化するのももはや時間の問題です。数年以内に再びピエロのお化けがスクリーンに戻ってきては、視聴者を恐怖に陥れるのはまず間違いなさそうです。




皆様、参考になりましたか?

公開が楽しみですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。