記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実はこんなに傑作ぞろい!ジャンルごとおすすめB級映画20選 【6】

17. ジュニア (1994)







流産防止の薬の研究をしている科学者のアレックスとラリー。完成に近づいた薬ですが、なかなか最終データをとるための人体実験の許可がおりません。しかたなくアレックスは自分の体に赤ちゃんを宿し、データをとることにします。

しかし研究を続けているうちに母性に目覚めてしまうアレックス!果たして彼はどうなってしまうのか?というドタバタコメディです。 
アレックスを演じるのはなんとアーノルド・シュワルツネッガー。若いシュワちゃんの『ターミネーター』とは全く違うキャラクターに爆笑間違いなしです。 

公開 : 1994年12月23日 
監督 : アイヴァン・ライトマン 
出演 : アーノルド・シュワルツネッガー、ダニー・デヴィート



18. メイフィールドの怪人たち (1989)







郊外の静かな住宅街、メイフィールド。ある日平和に暮らすピーターソン一家の隣に、クロペック一家が引っ越してきます。一ヶ月たっても挨拶にも訪れず、また近所でもクロペック一家の姿を見かける者はありませんでした。怪しいとにらんだレイは友人のアートとマークと共に、彼らの正体をつきとめようとするのですが・・・ 
主人公、レイ・ピーターソンを演じるのは当時32歳のトム・ハンクス。そして妻を演じるのは『スター・ウォーズ』シリーズのレイア姫としておなじみのキャリー・フィッシャー。ホラーが苦手な人でも楽しめるコメディタッチの作品です。ハリウッドを代表する名優2人の共演を観ることができる、贅沢なB級映画なんです。 

公開 : 1989年7月29日 
監督 : ジョー・ダンテ 
出演 : トム・ハンクス、キャリー・フィッシャー



19. もしも君に恋したら。 (2013)







ウォレスは医大に通っていましたが、こっぴどくフラれてから大学を中退し、ふさぎこむ生活を送っていました。そんなある日、彼を心配した親友アランはウォレスをパーティーに招待します。そこでウォレスはアランの従妹、シャンティーと出会い親しくなるのですが、彼女には同棲中の彼氏がいて・・・男女の間の永遠の疑問“男と女の友情は成立するのか”を描いた恋愛ドラマです。 
ウォレスを演じるのは『ハリー・ポッター』シリーズでおなじみのダニエル・ラドクリフ!失恋の傷を負っている青年役を熱演しています。ファンタジックで、ラストは幸せな気持ちになれる作品です。 

公開 ; 日本未公開 
監督 : マイケル・ダウズ 
出演 : ダニエル・ラドクリフ、ゾーイ・カザン



20. リベリオン (2002)







舞台は第三次世界大戦後、人間の感情が薬によって管理されるようになっている近未来。主人公のジョンは、薬の投与を拒否した国民を罰する任務をこなす非情な男です。ある日誤って薬のビンを割ってしまったジョンは、しかたなく投与しないまま仕事をすることに。しかし彼はそこで、自分の本当の感情に気づきはじめて・・・ 
ジョンを演じるのは『バットマン』シリーズのクリスチャン・ベイル!カンフーアクションとガンアクションを織り交ぜた戦闘シーンが最高にかっこいい作品です。クリスチャン・ベイルはアクションを全てスタント無しでこなし、CGも最低限しか使われていないのだとか。B級映画ならではのリアルな迫力を、ぜひ体感してみてください! 

公開 : 2003年3月29日 
監督 : カート・ウィマー 
出演 : クリスチャン・ベイル、ショーン・ビーン



これであなたも“B級映画”マニア

低予算でも、日本劇場未公開でも、アイディアがとびぬけたおもしろい作品が多いB級映画。観ているうちに何度でも観返したくなる、運命の1作に出会えるかもしれません。ぜひ何も考えずに映画を観たい!楽しみたい!という時、今回ご紹介した作品を手にとってみてくださいね。



皆さんは、20作品の中でいくつ観たことありますか?

まだまだ、眠ってる作品があるような気がします。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。