FC2ブログ

記事一覧

ジャッキー・チェンについてあまり知られていない20の真実 【2】

5.あの大スターの映画でキャリアをスタート!







ジャッキー・チェンは、ブルース・リーの主演作品で俳優としてのキャリアをはじめました。1972年の『ドラゴン 怒りの鉄拳』や1972年の『燃えよドラゴン』に出演しています。


6.歌手としても大活躍!







ジャッキーは寄宿学校で厳しい少年時代を過ごしたときに、本格的なヴォーカル・レッスンも受けており、今までに歌手として20枚のアルバムをリリースしています。


映画『ムーラン』より「闘志を燃やせ(広東語)」






1980年の主演映画『ヤング・マスター 師弟出馬』では主題歌も担当しており、ディズニー映画『ムーラン』の中国版では「闘志を燃やせ(原題:I’ll Make a Man Out of You)」を歌っています。


7.銃を持っていた時期もあった!?







1980年代から90年代まで、ジャッキーは自分と周囲のパフォーマーを中国の秘密結社から守るために、常に複数の銃と手榴弾まで携帯していたそうです。


8.保険には入っていない







ジャッキーと彼のスタント・チームは、危険なアクションを数多くこなすにも関わらず、保険に入っていないそうです。そのため、怪我などの場合にはジャッキー自ら全員の治療費を出しています。


ここまでのジャッキー・チェンさんのイメージはどうですか?

次回に期待してね💡
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント