FC2ブログ

記事一覧

エルネスト

渡部陽一氏、チェ・ゲバラのひげがあこがれ「年を重ねてのばしていきたい」





戦場カメラマンの渡部陽一氏とタレントの吉木りさが9月26日、日本・キューバ合作映画「エルネスト」の公開直前イベントとして都内でトークショーを行った。

キューバ革命の英雄チェ・ゲバラからファーストネームのエルネストを授かった日系ボリビア人フレディ前村の半生を描く実話に基づく物語。これまでに何度もキューバを訪れ、サンタクララにあるゲバラの霊びょうを参拝したこともある渡部氏は、「彼の生きざまはもちろん、フィルムの持っている影の美しさを際立たせ、自分が向き合った瞬間に“一撮入魂”でシャッターを切る。その魅力に学ぶことがたくさんあった」と、写真家としても知られたゲバラに影響を受けたことを熱っぽく語った。

実はトレードマークのひげもゲバラを意識している部分があるそうで、「はやし方にあこがれます。もみあげとつながるか分からないけれど、年を重ねて伸ばしていきたい」と意欲。そして、「僕には夢があります。世界中から戦争、紛争がなくなり、戦場カメラマンがいらなくなった時、学校カメラマンになりたいんです。世界中の子どもたちの表情を撮っていきたい。紛争が少しでも治まってくれることを、1人の日本人として祈っています」と力説した。

吉木は、渡部氏と初対面だったが、「ベレー帽に星がつけば完璧ですよ」と渡部氏の思いを後押し。ゲバラについては「教科書でなんとなくと、Tシャツのデザインなどファッション的なことでしか知らなかった」と苦笑いしたが、映画を見て、「いろいろと調べたら、戦闘が終わった後に味方だけではなく、敵軍も治療していたという素晴らしいエピソードがあって、国を超えて人を愛する人なんだと感動しました」としみじみ話していた。

「エルネスト」は10月6日から全国で公開される。




オダギリジョー「エルネスト」役づくりの質問に「お酒飲まなくて良かった」







日本・キューバ合作映画「エルネスト」の阪本順治監督と主演のオダギリジョーが9月19日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で会見した。

キューバ革命の英雄チェ・ゲバラからファーストネーム「エルネスト」を託された日系ボリビア人・フレディ前村の激動の半生を描く、史実を基にした物語。阪本監督は、企画の成り立ちを問われ「エルネストは、目的を決めた上での真剣という意味。すべては、日本人の血を引いた青年を発見したことから始まった。彼の生き方がエルネストであり、僕らが失った生き方ではないかと思った」と力説した。

キューバとの合作に関しても、「キューバにもあの時代にふれた映画があまりなくて、自分たちの映画としてやりますと言ってくれた」と快諾を受けたことを強調。ゲバラが1959年に広島を訪れ、平和記念公園で献花するシーンを冒頭に入れた意図を聞かれると、「全く関係がなければ単にエピソードをつないだだけだが、核に対する提議ができると思った。構成上は、(キューバ危機)とつながっている」と自信たっぷりに語った。

フレディを演じたオダギリに対しては、主演した「アカルイミライ」(2002)のラストシーンで子どもたちがゲバラのTシャツを着ていたこととのつながりを指摘するマニアックな質問も。これには、「友達にこの作品をやると言ったら、ゲバラをやるのかという人がけっこういた。ひげがのびて髪も汚いこと(役)も多いので、似合うと思う人も少なくないと思う。確かにゲバラのポスターも部屋に張ってあるし、Tシャツも何枚か持っています」とジョークで切り返した。

そして、フレディの役づくりに関する質問に、「この会見の前までお酒を飲まないようにしていて、やっとまじめに答える質問がきて良かった」と安どの表情。「スペイン語のセリフを覚えるだけでハードだったけれど、もっと重要視したのはスペイン語のセリフでの芝居をいかに成立させるか。これは共演した3、4人が何パターンもセリフを言ってもらう名からシーンによって選んでいった。大きな力を貸してもらったことで、フレディ像が明確なものになっていった」と感謝していた。




ゲバラとともに戦った日系人

このシリーズは、基本的に冒険・探検的行動を行った昔の日本人を紹介しようという試みですが、ちょっびっと目先を変えた番外編を送りましょう。番号はふっているけど(^^;)。

  今回登場願うのは、日本人ではありません。日系人です。しかも戦後です。その名をフレディ前村。チェ・ゲバラのゲリラ隊に参加していました。ゲバラに関しては、いまさら説明の必要はないと思うけど、キューバ首相のカストロの盟友であり、キューバ革命の英雄です。このゲバラと最期をほぼ共にしているのです。

 フレディ前村の父は、鹿児島県人のペルーから流れたボリビア移住者だったようです。名前もちゃんと伝わっていませんが、アントニオ・前村・オオハラと呼ばれていました。そしてベニ州のトリシダで食料雑貨店を開いていましたが、ボリビア女性と結婚して1941年にフレディが生まれます。彼は中学時代から政治運動に参加、ボリビア共産党に入党しました。大学は医学部に入り、キューバに留学しました。医者出身という点は、ゲバラと同じですね。

  キューバ滞在中に革命思想とゲリラ教育を受けたのでしょう、ボリビアへの帰国はゲリラとしてでした。 当時のボリビア(今も続くかもしれないけれど)は、大土地所有者が政治を独占している貧富の差の激しい国でした。南米の中でも最貧国で、クーデターが相次ぐ政情でした。ゲバラは、この国で革命を成功させたいと思い、ジャングルにゲリラ部隊を組織しました。

  8ヵ月後、ゲバラの隊は苦戦していました。ボリビア政府にはアメリカCIAがついていたのです。熱帯雨林から谷奥深くに追い込まれたゲバラは、隊を2つに分けます。ゲバラ本隊とホアキン別働隊。このホアキン隊10人にフレディは属していました。
1967年8月31日、待ち構えていた政府軍のわなにかかり、川を渡河中に銃撃を受けました。フレディは、昏倒したままリオ・グランデ川を流され下流で打ち上げられたものの、捕虜となりました。腕を叩き潰されるなど拷問を受けましたが、口を割りません。「ボリビア政府万歳と言えば命を助けてやる」という言葉も無視し、ついに頭部を銃弾が打ち抜きました。25歳でした。 それから約1ヵ月後、ゲバラも捕虜となり銃殺されます。

 南米の日系人というと、勤勉まじめのイメージはありますが、政治の表舞台には、ぺルーのフジモリ(元)大統領以外はあまり登場しません。ましてや反政府活動には参加しにくいようです。しかしチェ・ゲバラという世界的革命家と行動を共にした日系人がいたことは、記憶に留めておきたいと思います。

 フレディ前村は、ボリビアでは英雄のようです。私は、日系3世のボリビア人にフレディのことを聞いたところ、ちゃんと知っていました。彼は、その後日本で私の知り合いである女性を口説き、結婚してサンディニスタ革命政権下の中米ニカラグアに渡ってしまいました。ニカラグアで政権交代があってからは、メキシコに住んでいると風のたよりに聞いています。


戦争映画って何かを必ず伝えてくれますよね。

10月6日公開🎵

記事を読んでいただきありがとうございます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント