記事一覧

家族愛をテーマにした泣ける映画3

おすすめ映画No4.「私の中の あなた」





【日本公開】2009年10月9日
【上映時間】109分
【監督】ニック・カサヴェテス
【キャスト】キャメロン・ディアス ジェイソン・パトリック アビゲイル・ブレスリン 他

物語は、「私は姉を救うために遺伝子操作で作られた」という、アナの衝撃的な独白から始まります。




あらすじ

消防士のブライアンと弁護士のサラは、ケイトとジェシーという2人の子宝に恵まれました。しかしケイトが2歳の時、彼女が白血病である事を医師から告げられます。ケイトを治療する為には彼女と同じHLA型のドナーが必要でしたが、両親・ジェシーのいずれもが適合しません。
絶望するブライアンとサラに、医師は「臍帯血が効果的」だと述べ、さらに「ケイトのドナーとなる子供を遺伝子操作で作る」事を提案。
そうして産まれたのが、アナ。
幼い頃から姉・ケイトに臍帯血・白血球・骨髄・リンパ球・幹細胞など、様々な”スペア”を提供してきた妹・アナですが、ついには片方の腎臓の提供を迫られる事となります。やがて彼女は、「腎臓を取ってしまったら普通の生活が出来なくなる。自分の体は自分で守る」と、両親を相手取って訴訟を起こすのでした。バラバラになった家族は、絆は、果たして どうなってしまうのか?



映画を見た みんなのレビュー

家族の病気という繊細な問題を、それぞれの視点から分かりやすく描いている作品。過去と現在を行き来しながら物語が進んでいきますが、やがて真実に辿り着きます。
衝撃的な展開を経て、ゆっくりと静かに訪れる真実に、あなたは きっと温かい涙を流している事でしょう。
セクシー系やキャピキャピ系のキャラクターを演じる事の多かったキャメロン・ディアスが、3人の子持ちママ、しかも弁護士という役を熱演しているのも必見です。
3人の子役たちも、自然体かつ素晴らしい演技で泣かせてくれますよ!
ぜひぜひ ご覧になって頂きたい一本。

【この映画を見た人のレビュー①】
見てる最中、ずっと泣いてました。
悲しい涙、温かい涙、切ない涙。とにかく感情を揺さぶられる作品でした。
あらすじだけ見れば、問題のある家族が描かれていてギスギスした感じなのかと思っていたら全く違って、ハートウォーミングな作品でした。
ただ、悲しくて切ないですけどね。
沢山の方に見て頂いて、この問題について考えて欲しいなとも思いました

【この映画を見た人のレビュー②】
白血病を患ったある少女と、彼女を支える家族の物語です。
少女だけでなく、とにかく家族みんながとても良い人達で、悲惨な状況の中で少しでも前を向いて明るく生きようという姿勢が痛いほど伝わってきます。もうそれだけで最初から涙が止まりません。
そこにさらにちょっとしたミステリーの要素が加わって・・・これがまた後で泣けます。
とにかく最初から最後まで泣きっぱなしの映画でした。観た後に一生懸命生きねばと思わされる素晴らしい作品だと思います。



❇動画❇
クリックして見てねぇ💐


おすすめ映画No5.「幸せの ちから」





【日本公開】2007年1月27日
【上映時間】117分
【監督】ガブリエレ・ムッチーノ
【キャスト】ウィル・スミス ジェイデン・スミス タンディ・ニュートン 他

ホームレスから億万長者!?父と子の深い愛情が織りなす、感動のサクセス ストーリー。



あらすじ

舞台は1981年のサンフランシスコ。セールスマンのクリスは、妻のリンダ、息子のクリストファーの3人で慎ましい暮らしを送っていたが、売れると思って買い取った医療機器が全く売れず、瞬く間に貧困に喘ぐようになった。

”この生活を変えたい”。クリスが そう思っていた矢先、営業回り中に見かけた ある男性に目が留まった。綺麗なスーツを着込み、高級車から出てきた その人物に対して、クリスは咄嗟に ある2つの質問を投げかける。「あなたの仕事は?そして、その仕事にはどうやって就いたんです?」
高級車の持ち主は「株の仲買人をしている。学歴は必要ない」と言い残し、足早に去って行った。
そこから株に興味を抱いたクリスは、株の養成所に通い始めるが、見習いの為、収入はゼロ。
やがて、この苦しい生活に耐えかねたリンダが、ある日とうとうクリストファーを連れて出て行ってしまう。
リンダの手からクリストファーを取り戻したクリスは、愛する息子の存在を支えに、成功を収めようと奮闘するのだった。



映画を見た みんなのレビュー

(ウィル・スミス演じる)クリスの息子役を、ウィル・スミスの実の息子、ジェイデン・スミスが好演しています。愛らしく、しっかり者の息子を上手に演じているので、ウィルだけでなくジェイデン君にも じっくり注目して頂きたいですね。
この作品が初の親子共演だそうで、親子だからこそ醸し出せる雰囲気は、映画だという事を完全に忘れさせてくれます。
その日の宿にも困窮し、駅のトイレに立てこもって息子と寄り添うシーンは、涙なくして見られません。
親子の愛情が いかに深いものか、そして”努力は必ず報われる”という事を教えてくれる映画です。

【この映画を見た人のレビュ―①】
とても感動です。子供への愛、でも自分の力無さで子供に辛い思いをさせてしまう、昔の自分とダブってしまいました。
でも、必ず光は見えます!なにくそ根性で頑張れば必ず!私にとって最高の映画です。

【この映画を見た人のレビュ―②】
ウィルスミスの作品は、どれもよい作品だと思います。
こちらの作品は、とても感動し、心温まるストーリーが良かったです。
ウィルスミスの演技はやはり上手ですね。ついつい引き込まれてしまいます。
小さいお子様をお持ちの方には、ぜひ一度ご覧になっていただきたい!
そう思える作品でした。



💛動画💛
クリックして見てねぇ☺

ここまで5作品🎵号泣で涙がかれるかな?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント