記事一覧

1970年映画【洋画】ランキング

順位  タイトル名       配給収入

1位 続 猿の惑星        1.65億円

2位 サウンド・オブ・ミュージック 1.5億円

3位 クリスマス・ツリー     1.4億円

4位 女王陛下の007        1.3億円

5位 ひまわり          1.2億円

6位 ネレトバの戦い       1.1億円

6位 シシリアン         1.1億円

8位 シェーン          1.0億円

8位 チップス先生さようなら   1.0億円

8位さらば夏の日         1.0億円



猿の惑星、サウンドオブミュージックは見たことも聞いた事もあるかな

この年のヒットしたもの

象印電子ジャーRH型(象印マホービン)





「象印電子ジャー」は、1970年5月各紙記者団に発表され全国各地で発表会が行われ大きな反響を呼んだ。
価格は1万円、ガラスのジャーが5000~6000円であったから割高の感も持たれたが、秋頃になると需要はまさに“爆発的”なものになった。
宣伝には、従来どこのコマーシャルにも出演せず、最後の大物女優といわれていた栗原小巻さんを起用することに成功し、これがまた話題となった。









この車、覚えてますか?見たこと、乗ったことあるかな?(^^)



月額540円で7000タイトル以上が見放題となっており、他社と比べると圧倒的な安さで提供しています。

またDMMらしく、他社ではないアイドル動画の種類が豊富。 そしてDMM.R18にも対応しており、アダルト作品も2000本が見放題です。

アダルト作品対応以外にも人気ドラマや映画、アイドル動画等他社では取り扱いのない作品が多数。

マルチデバイス対応で、スマホ、PC以外にもTVやPS4などでも視聴が可能。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント