記事一覧

卓球温泉




ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

家事に追われるだけの毎日を過ごしていた42歳の専業主婦・

藤木園子は、生活に行き詰まりを感じて相談したラジオ番組

のDJ・かなえにたきつけられて、初めての家出を決行した。

彼女が向かったのは、かつて夫と訪れた山間の竜宮温泉。

ところが、そこは客足が鈍り、今やすっかり寂れた温泉地に

様変わりしていた。しかも、彼女が投宿した蓬莢屋は、実は

そこの跡取りであるかなえの考えで、間もなく閉鎖されることが決まっていたのである。

どんどん寂れていく竜宮温泉。

そんな温泉町の起死回生の策として、ある日、卓球による町興しの案が高田屋の若主人・公平から出された。

初めはただの客だった園子も、町の人たちとの触れ合ううち、その町興し作戦に一肌脱ぐことになる。

卓球が得意な彼女は、「卓球大会」を企画。大会に向けて、町の若い衆に卓球の指導まで買って出るのであった。

にわかに活気立つ竜宮温泉。

そして、いよいよ大会当日。かなえの計らいでラジオの生中継がされることになった会場に、園子の夫・哲郎が姿を見せた。

彼は、園子の家庭での存在の大きさに気づき、彼女を追ってきたのだ。

そこで、ラリー競技に参加することになった園子と哲郎。ふたりは、かなえ・公平ペアと優勝を分け合い、同時に夫婦の絆を取り戻すことに成功する。





監督   山川元



主なキャスト

藤木園子松坂慶子

浦乃かなえ牧瀬里穂

公平山中聡

藤木哲郎蟹江敬三

直哉戸田昌宏


映画「卓球温泉」のロケ地

必見!「千と千尋の神隠し」のモデルになった温泉





1998年に公開された映画「卓球温泉」は、家出した専業主婦

が、卓球を通して寂れた温泉地を復興させるというコメディ映画。


この映画の舞台となったのは、長野県田沢温泉にある「ますや旅館」です。

ますや旅館は島崎藤村ゆかりの宿で、無名時代の藤村が宿泊した部屋は、

「藤村の部屋」として机や茶箪笥などが残されています。白壁の土蔵と木造三階建ての4棟の建物は、

文化庁により登録有形文化財に指定された貴重なもの。

「有乳湯 うちゆ」は子宝の湯と呼ばれます。

その昔、山姥が湯治に来て、大江山の鬼退治の話で有名な坂田金時を生んだという伝説が残っていることが名の由来です。

現在では、、高血圧症、神経痛、皮膚病、慢性リューマチ

に、そして婦人病と病後の保養などに効果があるとされています。

この宿にあるのが、百年以上の時を刻む一枚板の卓球台。

映画にも使用されたこの卓球台はいつでも自由に使うことができます。


・ ビジネスからレジャーまで幅広いプランをご用意!

・ dポイントが貯まる、使える♪dポイントを旅行で使っちゃおう!

・ お得なクーポンが満載♪

・ ホテルや旅館の宿泊予約が、24時間 PC,tab,スマートフォンから可能♪

・ 月々のドコモの携帯電話料金と一緒にお支払可能♪(一部商品除く)

・ お支払は、現地払い、dポイント、ケータイ払い、カード払いが利用可!!  ホテル・ビジネスホテル・旅館の宿泊予約には、  ドコモの『dトラベル』をぜひご利用ください♪








記事を読んでいただきありがとうございます。これからも、よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント