FC2ブログ

記事一覧

他社製品にはないEPA&DHA含有量【美健知箋EPA&DHA】

「DHA」や「EPA」を知ろう!日本人の魚離れのために、「DHA(ドコサヘキサエン酸)」や「EPA(エイコサペンタエン酸)」の摂取不足が指摘されています。DHAやEPAは、体内で合成できず、食物から摂取する必要がある必須脂肪酸のひとつです。その生体機能として、下図のような作用があることが分かっています。今回は、生活習慣病の予防も期待できるDHA・EPAについてご紹介します。『DHA』と『EPA』って何が違うの?DHAは、人間の脳...

続きを読む

マイクロバイオームや腸内フローラと健康の関係についての関連記事【6】

性格は「腸内細菌」によって決まる:研究結果腸内細菌と脳内で起きる行動パターンとの間には、明らかな相関があるようだ。マウスでは、細菌の移植によって「性格」が変わるという実験結果もある。腸内細菌は、脳に大きな影響を与えている可能性がある。動物を使ったいくつかの研究で、腸内細菌の状況と脳内で起きる現象との間に、明らかな相関があることが示唆されている。神経科学と解剖学を専門とするユニヴァーシティ・カレッジ...

続きを読む

ノロやインフルエンザを除菌・対策できるチャーミストの効果とは!?

冬場(主に11月~2月)になると猛威を振るうノロウイルスやインフルエンザ。感染すると長引くのはもちろんのこと、仕事ができなくなったり、周りに移してしまう危険性があるため感染する前に対策をしておきたいですよね。 インフルエンザの一般的な対策というと手洗いやうがい。ノロウイルスの対策には上記にプラスして公衆トイレの使用を避けたり、食べるものをよく加熱したりする方法がが挙げられますがどうしてもそれだけでは不十...

続きを読む

超高齢でも健康体でいられる秘訣は【4】

Perkins+Willがデザインした治療施設「Discovery Health Center」。エネルギーには太陽熱や地熱が活用され、家具には有害物質を含まないものが使われている。ロビン・グエンサーが「21世紀の病院デザイン」を語ったインタヴューはこちら。PHOTOGRAPH BY DAVID ALLEEアンチ微生物の罠グエンサーは、建物の密閉性が高まっているだけでなく、彼女が病院設計の現場で目にしていたある傾向についても憂慮している。企業が、抗菌の塗料...

続きを読む

超高齢でも健康体でいられる秘訣は【2】

人間は「微生物のクラウド」に包まれている:マイクロバイオーム最新研究より目に見えずとも、わたしたちの体内や周りにひっそり存在している「微生物たち」。腸内フローラなどその機能が注目されているが、最新の研究成果を元オレゴン大学のジェームス・メドウらの研究者たちに訊いた。人が行くあらゆる場所、人がするあらゆることは、「微生物のオーラ」に包まれている。微生物は、あなたが頭を掻けば髪の毛から落ちてきて、あな...

続きを読む