記事一覧

火花

みんなの映画レビューよかった!試写会で見て来ました!演技も上手で感動しました✨菅田将暉、桐谷健太のお笑いに対する嗅覚はたしかに抜群だと思う。ただ...菅田将暉、桐谷健太のお笑いに対する嗅覚はたしかに抜群だと思う。ただ、この作品は、無理に芸人に撮らせない方が良かったんじゃないかなと思った。根底に流れる「お笑い芸人にしか分からない共通言語」があるにしろ、板尾創路監督にしたのはミスではないかと。ハードル上げ...

続きを読む

ローガン・ラッキー

Matt「ローガン・ラッキー」でダニエル・クレイグのイメージが変わった! スティーブン・ソダーバーグ監督が“引退宣言”を撤回して、4年ぶりにメガホンをとった「ローガン・ラッキー」の公開直前イベントが11月12日に都内で行われ、元プロ野球選手の桑田真澄氏を父にもつタレントのMatt、美容家のIKKOのモノマネで知られるお笑いコンビ「チョコレートプラネット」の松尾駿が登場。松尾の相方、長田庄平がイベントMCを務めた。不運...

続きを読む

エマ・ワトソンの全て!仕事から恋愛まで、16のキーワードでひも解く。【最終章】

14.ベルはYES! でシンデレラはNO!?エマ・ワトソンは本が好きで好奇心旺盛なベルと通じるものがあったといい、役のオファーを引き受けたことは当然のことだったようです。 実はベル役の前にリリー・ジェームスが演じた『シンデレラ』のシンデレラ役のオファーが彼女の元に届いていたのだとか。 しかしながら、典型的なプリンセスのシンデレラには共感できる部分がないと感じたエマはこのオファーを断っていました。15.トム・ハンク...

続きを読む

エマ・ワトソンの全て!仕事から恋愛まで、16のキーワードでひも解く。 【4】

9.「フェミニスト」としての顔。2016年、フェミニストとしての活動と読書のために女優業を一年間休業すると発表したエマワトソン。これまでも、国連のUNウィメン親善大使に任命されるなど、精力的に女性の権利の主張を行ってきたエマは、バングラデシュなどの途上国を訪れ、男女平等を訴えています。 2016年、そういった活動と自己成長のため読書を通じて多くの知識を身に着けたいという思いがあるようです。海外からはエマのそう...

続きを読む

全員死刑

間宮祥太朗、金髪ヤクザ役が怖すぎてファンに失望される?俳優の間宮祥太朗が11月9日、東京・ヒューマントラストシネマ有楽町で行われた初主演映画「全員死刑」の公開直前イベントに出席した。「孤高の遠吠」で注目を集めた小林勇貴監督の商業映画デビュー作。鈴木智彦氏の著作「我が一家全員死刑」(コアマガジン刊行)を原作に、2004年に福岡県大牟田市で発生し、被告である家族4人全員に死刑判決が下った強盗殺人死体遺棄事件を...

続きを読む